知り合いの話。

彼女が小学生の頃、河川敷で仔犬を拾った。
残念ながら家で飼ってはくれなかったので、橋の下に毛布を入れた段ボール箱を置き、そこでこっそり面倒を見ることにした。

放課後になると、給食の残り等を持参して世話をしていた。
仔犬の方も、彼女にとても懐いていたという。

そんなある日、いつものように河原で犬と遊んでいると、声が掛けられた。

「まああ、本当に可愛いワンちゃんだわぁ」

吃驚して顔を上げると、知らない小母さんがニコニコとしながらこちらを見ていた。

知らない小母さん:「ねぇ、この仔ってあなたの犬なの?」

そう話を続けながら側まで寄ってくる。

知り合い:「そうしたいけど、そうじゃないんです。飼っちゃいけないってお母さんに言われたから・・・・・・」

そう返答すると、小母さんはおかしなことを言い出した。

知らない小母さん:「そっかぁ、見ていない間、ワンちゃんのこと心配だもんね。よし、オバちゃんがその心配を無くしてあげよう!」

何を言っているんだろう?と首を傾げていると、小母さんは仔犬を指差して、甲高い声で頭を前後に振りながら笑い始めた。

ケラケラケラケラ・・・・・・。

楽しくて仕方がないという表情なのに、その目だけが全然笑っていない。
小母さんはそんな怖い顔をしながら、少しも途切れず笑い続ける。
薄気味悪くなって逃げ出そうかと、彼女が考えた矢先。
突然、足元の犬がぶっ倒れた。

ひどく痙攣をしたかと思うと、そのまま泡を吹いて動かなくなる。
慌てて手を伸ばしたが、仔犬は既に死んでいた。

知らない小母さん:「良かったねぇ!これで心配することなんか無くなっちゃったよ!」

小母さんはそう言うと、鼻歌を歌いながらどこかへ去って行った。
彼女はしばらくの間、そこで立ち竦んでいたそうだ。

後で友達に聞いた話では、件の小母さんはその地域ではかなりの有名人で、「死神ババア」とか「ケラケラさん」などと呼ばれて恐れられていたらしい。
指差してケラケラと笑うことで、小さな動物をよく死なせていたという。

小母さんはその後、大きなペットショップの中でとある騒ぎを起こし、それきり姿が見えなくなった。
遠方の親類に引き取られたとも、病院へ入れられたとも噂されたが、真相はわからない。

知り合いはその時の光景がトラウマになったそうで、犬を飼うということが出来なくなった。

「飼いたいんだけどね。でもどんな犬でも、その死んだ姿が頭に浮かんできちゃって」

そう言う彼女は本当に寂しそうに見えた。