我が家の2階にあるフローリングの床の一部。
畳4分の1ほどにも満たないスペース。
このスポットがなんだか不思議なんです。

そこに耳をあて昼寝すると、かなりの確率で何かが聞こえる。
雑踏の中にいるようなざわざわした音だったり、人声だったり・・・。
それらは怖くは感じないし、何故か心地良い。

最初は1階や近所の音を拾ってるだけなのかなって思ってたんだけど、あるとき聞こえたのが、鳥のさえずりやせせらぎの音。
マイナスイオンたっぷりなとても気持ちのいい自然環境音。

もちろん1階にそんな自然が存在するはずもなく、我が街は近隣に自然なぞ残っていない住宅街。
家中のテレビやラジオなどの音の出る物は全てオフ状態。

一体何の音なんだろう?

それにしてもあの自然環境音は心地良すぎる。
あんなの今まで現実の自然の中でも、テレビですらも聞いたことがない。
もしかして、あれこそが『あの世(天国)』の環境音なんじゃ?
そうだとしたら、あの素晴らしい心地良さも納得できる。

・・・なんて思ってたら、そう言えばその床の部分は壁に近く、家具などの配置の都合で、そこに耳を当てるにはどうしても北枕になる・・・ってことに気づいた。

北枕って風水的には浄化の作用があると言われてるのも、まんざらじゃないなぁ。