知人の祖母・Nさんが若い頃体験した話。

Nさんにはお気に入りの服があった。
生成り地に小花が少し刺繍された、可愛らしいデザインのワンピース。
Nさんはその日も、お気に入りのワンピースを着て買い物に出かけた。

そして帰宅後はすぐに着替え、ワンピースをハンガーに通して鴨居にかける。湿気を飛ばしてからしまう為だ。
そうしている内に、外出の疲れからか、ついうたた寝をしてしまったのだそうだ。

しばらくして目が覚めたNさんは、ぼんやりと辺りを見回した。
すると、鴨居にかけたワンピースが、風もないのに揺れているではないか。

不思議に思い目をこらすと、裾から見え隠れする物がある。
生成りのワンピースより、もっと白い何か。
それは音もなく降りて来た。

人の爪先であった。

凍りつくNさんをよそに、白い脚はゆっくりと降りて来て、その姿を現して行く。

爪先から甲、くるぶし、ふくらはぎ・・・だが、いつまでたっても膝は見えず、それが更に不気味だった。

とうとう、力なく垂れた足先が床まで届いた。
その途端、脚全体がぐにゃりと曲がった。まるで飴細工の様だったという。
脚はなおも伸び続け、白く長く、畳に二筋のとぐろを巻いている。

これは一体何なのか。

恐る恐る視線を上げたNさんの目に飛び込んで来たのは、今まさに、ワンピースの襟元から出て来ようとしている、真っ黒な頭だった。
Nさんは我に返り、這う様に逃げ出したという。

このワンピースは結局捨ててしまったそうだ。