知人の女性・Sさんは、数年前に父親を亡くした。
通夜だ葬式だ初七日だと忙しかった日々も一段落してしばらくした頃、Sさんは急に深酒をする様になったのだという。

元々酒が好きではなかったので、おかしい、やめようと思うのだが、意に反して夜になれば酒をあおり、酔いつぶれるまで飲んでしまう。

亡くなった父親は大酒飲みであったので、さては父の仕業かと思い至った。
だが仏壇に酒を供え、止めてくれるように手を合わせても、まったく効果がない。
実家を離れていた妹さんもSさんの異変に気付き、遠まわしに病院に行ってみないかと勧めてくる。
それもそうだな、と受診を考え出したそんなある日の事だ。

また酔いつぶれ居間で眠っていたSさんは、ふすまが開く気配で目を覚ました。
見ると、亡くなった父が立っている。

不思議と恐怖は感じなかった。

父の方も久しぶり等とごく普通にふるまう。
向かいに座った父にSさんは尋ねてみた。

Sさん:「お父さん、私の体借りてお酒飲んでるでしょう?」
亡くなった父:「うん・・・すまんな」

Sさん:「体が辛いから、もう止めてもらえない?お酒はお供えするから」
亡くなった父:「分かったよ」

ばつが悪そうに頭を掻く仕草は、生前の姿そのままだった。

しばらく他愛もない会話をしていたが、夜が明けるのを見た父は、そろそろ行くか・・・と腰を上げた。

Sさんも外まで見送るよと、一緒に玄関に向かう。
だが、父が開けたドアの外は、いつもの景色ではなかった。
見知らぬ何処かの住宅街が広がっている。

でもそれだけではない。

緑、緑・・・。

色セロハン越しに眺めたように、世界中が緑色に包まれていた。

『ああ、この人とはもう住む世界が違うんだ』

そう感じた途端、急に恐ろしくなり足が竦んだ。

亡くなった父:「・・・それじゃあな」

父は軽く振り返ると静かに扉を閉めた。
Sさんはどうしても外に出る事が出来なかった。

この日を境に、Sさんの深酒はぴたりと止んだそうだ。
父親の四十九日、その朝の出来事だという。