元同僚の話。

仕事の元請先に誘われて、温泉旅行に出かけたのだという。
温泉と料理を一頻り堪能して「さぁ寝るか」という頃、仲居さんに声を掛けられた。

仲居さん:「お休みになる前にマッサージはいかがですか?ここにはとびきり腕の良い按摩士がいますよ」

彼は肩凝りが酷く、それが原因での偏頭痛にも悩まされていた。
それを仕事仲間に零しているのを、どうやら仲居さんに聞かれたらしい。
「腕が良いっていうのならお願いしようかな」という訳でマッサージを頼むことにした。

やって来た按摩士(あんまし)は、壮年の男性だった。
佇まいに何というか雰囲気があって、「あぁこれは確かに腕が良さそうだ」と感じられたのだそうだ。
マッサージを受ける前に色々なことを聞かれたが、なぜかそれだけでかなり凝りが取れたように感じられた。
「肉をリラックスさせて柔らかくするのも技術の一つですよ」と按摩士は笑う。

按摩士:「おぉ、確かにこれは随分と硬いですね。一回だけじゃほぐれないかもなぁ」

施療に入った按摩士は、彼の身体に手を触れるとそう口にした。
しかし技倆は確かなようで、揉みほぐされる部位からどんどんと強ばりが取れていく。
ほぅと息を吐きながら身を任せていると、その内おかしな事に気がついた。

按摩士の動きが変だ。

揉んだり押したりするのはわかる。
しかし時々、指を肉の中に突っ込んで、何かを抜き取るような動作をしているのだ。
俯せになっているので何をしているのか見えないが、どうにも気になる。

やがて仰向けに体位を変え足を揉む段になり、初めて按摩士の行動を確認できた。

施療しながら、按摩士は彼の身体から何か黒い物を引っ張り出していた。
非常に小さくてジタバタと暴れている何かを。
黒くぼやけていてはっきりと見ることが出来ない。
それが抜かれると、ふーっと身体が楽になった。

じっと見ている彼を気にも止めず、按摩士はそれをサッサと手元の袋に押し込んで、平然とマッサージを続けている。

我慢が出来ず、問うてみた。

元同僚:「今さっき、一体何を抜き取ったんですか?まさか生き物じゃないですよね?」

按摩士曰く、「あぁ、アレが見えますか。あれは疲労と悪い念とが混じって、凝り固まったものですよ。勤め人の抱える業とでも言いますか。肉だけじゃなく頭まで柔らかくなると、動いて見えることもあるのです。一種の錯覚というか、脳が視覚情報としてそう捉えるのでしょうな。見えない人にはまったく見えないらしいのですが。勿論、生き物なんかじゃありませんよ」

何となく、上手いこと誤魔化されたような気がする。

『霊が見える人』などと同様に、肩凝りの元も『見える人』と『見えない人』とがいるとでもいうのだろうか。

腑に落ちないまま、なおも尋ねてみる。

元同僚:「その抜き取ったヤツ、ええと業ですか。それ、一体どうするんです?」

按摩士は返答した。

按摩士:「食べるんですよ。人間の業っていうヤツは、堪らないほど美味なんです」

マジマジと見つめたところ、按摩士は、「あれ、真に受けられましたか?嫌だなぁ、冗談ですよ、冗談。単なる田舎按摩士のつまらない手妻だと思って下さい」と笑いながら手を振って話を終わらせた。

その後は特に変わった話題も出なくてなり、やがてマッサージは終わった。
腕は確かに素晴らしくて、長年悩んでいた凝りが嘘のように取れたという。

しかし今でも、あのもぞもぞと動く何かが気になって仕方がないそうだ。