友人の話。

深夜、漁港の突堤で釣りをしていた時のことだ。
普段なら同好の志が五、六名はいるものなのだが、その夜は彼一人だけだったらしい。

友人:「独り占め、独り占め」

そうポジティブなことを考えながら竿を振っていると、どこからか声が聞こえてきた。

女性の泣き声のようだ。

突堤の端を見やると、何やら白い影が蹲っている。
しゃがみ込んで、両手に顔を埋めていた。

髪が長い。

こんな時間にこんな場所ですすり泣いているなんて、何かあったんだろうか?
しばし悩んでから、声を掛けることにした。

友人:「どうかしたんですか?」

そう声を掛けた途端、泣き声がピタリと止まった。
しかしうずくまった影は、ピクリとも動かないままだ。
そのまま見つめていたが、やはり固まったように全く身動ぎをしない。
近寄って様子を見てみようかと思い、釣り竿を下に置いて向き直った。

ギョッとした。

女は顔を上げて、こちらをじっと見ていた。
目の部分に眼球が見当たらず、大きな黒い穴がぽっかりと空いている。
それでも友人には、女が自分を見つめているのだと、何故かはっきりわかったという。
同時に、おかしな事にも気がついてしまった。
女の側には明かりが一つもないのに、どうしてあんなに細部まではっきりと見えるのだ?

女は相変わらず、動く気配を見せない。
サッサと逃げ出すことにした。手早く道具を片付けて、荷物をまとめる。

肩に担ぐ前に再度、向こうの様子を確認してみた。
女は立ち上がっていた。

しかし、やはり動いていない。
その時、ふと、奇妙な事を思いついた。

もしかしてこの女、俺が見ていると動けないんじゃないか?
試しに目を一旦逸らしてから、ゆっくりと女に向き直ってみる。
女はこちらに向かって歩き出す格好をしていた。両手を前に突き出して、片足を空中に停めたままで。

もう一度視線を外し、今度はすぐに女に顔を向けてみた。
やはり固まった姿で動かないが、どう見ても先程よりこちらに近づいていた。
まるで、“ダルマさんが転んだ”みたいだな。
そんなことを考えて苦笑した。

しかし、幽霊相手に遊ぶ気にはなれない。
そのまま背を向けて、駐車場に置いた車まで走って逃げる。
振り向くと、突堤の入り口に立つ白い影が見えた。

・・・嘘だろ。
移動距離を考えると、あいつ、俺より速いぞ・・・。

慌ててトランクに荷物をぶち込んでから、再び後ろを確認した。
女は僅か数メートルの位置にまで近寄っていた。

悲鳴を上げて運転席に飛び乗り、エンジンを掛けるや否や車を出す。
出す瞬間、反射的にバックミラーを確認してしまった。

トランクカバーに両手をついた女の姿が映り込んでいた。
思い切りアクセルを踏み込み、全速力で港から逃げ出した。
走っている際、後ろを確認しないように注意したという。

外灯の多い街中まで帰ってくると、やっと一息付けた。

あそこは結構通ってるけど、あんなモノを見たのは初めてだな・・・。

赤信号で停車中にそんなことを考えていると、交差点斜め向かいにある店舗の大きなショーウィンドウに目が行った。
まるで暗い鏡のように、ぼんやりと彼の車が映っている。
そして、その後ろに立っている、両手を前に突き出した人影も。

・・・憑いて来ちゃってる・・・友人

真っ直ぐ帰宅するのを諦め、一番明るくしているファミレスへ逃げ込んだ。
車から出る時も、店に入る前も、入ってからも、絶対に後ろを見ることはなく、また鏡の類いにも目を向けないように細心の注意を払った。
背後が壁になった席を選び、夜が明けるまで、そこで凌ぐことにした。

空が白んできた頃、ようやっと恐る恐る背後の駐車場に目を向けてみた。
不気味な影は何処にも見えなくなっていたそうだ。
安堵の余り、思わず涙が少し出てしまったという。

友人:「だからそれ以降、絶対に一人じゃ、夜中にあの突堤には行かないんだ」

最後に肩を竦めながら、彼は私にこの話をしてくれた。

私:「・・・そんな体験しながら、よく同じ場所に行けるよね・・・」

私がそう言うと、彼はキョトンとした顔でこう言ってのけた。

友人:「一人じゃなければ、ま、何とでもなるだろ」

釣りというものは恐怖心を鈍らせるのだろうか、と呆れながら思った私だった。