同級生の話。

学生時代、彼は頻繁に引っ越しを繰り返していた。
よほど居を移るのが好きなのだなと思っていたが、どうもそうではなかったらしい。

引っ越しの話題になった時、彼はおかしなことを宣った。

彼:「大学生になって、一人暮らしを始めてからなんだけどね。俺って、見えない女に取り憑かれたみたいなんだ」

初めは夜寝ていると、いきなり足首がギュッと強く掴まれたのだという。
驚いて目を覚ますと「みーつけた」と女の声がして、同時に掴む感触が消えた。
眠いのでそのまま寝てしまったが、朝起きて確認すると足首に青痣が出来ていた。

彼:「それからなんだよね、部屋に何かが居着いた。動いていると、目に見えないけど柔らかい何かにぶつかることがある。寝ていると、足や髪を掴まれて起こされるなんてしょっちゅうだ。風呂に入っていると、誰かが同じ浴室内で『うふふふ』と笑いかけてきやがる。狭いユニットバスだから、俺以外は誰も入っていない筈なのによ。しかし慣れって凄いもので、気にならなくなって熟睡出来るようになったんだ。まぁ、相手の姿が見えなかったっていうのもあるんだろうけど」

彼:「でもそのまま放っておいたら、何かどんどんとパワーアップしちゃってさ。夜にドアというドアが勝手に開いたり、テレビや電灯が独りでに点いたり、水道が出っ放しになったりするもんだから、ほとほと困ってしまったんだ」

彼:「お祓いも何度か受けてみたけど、アレはアレだね。効果は無いね。いや本物に払ってもらえば効くのかもしれないけど、そんなの伝手無いし。だからもう諦めて、サッサと逃げることにした。そう、引っ越し」

彼:「新しい場所に引っ越すと、しばらくの間は大過なくいけるんだ。残念ながら今のところ、保って半年なんだけどね。大体それくらい経つと又『みーつけた』って、ギュッと掴んでくる。まぁ俺自身も引っ越しは嫌いじゃないから、何とかなってるけどさ」

私:「人外には凄くモテるんだね」

感心した私がそう感想を述べると、なぜか彼は押し黙り、それからしばらく話相手になってはくれなかった。

ちなみに彼は大学を卒業後、遠くの県で就職したのだが、見えない女もそこまでは追ってきていないということだ。