子供の頃この話を聞いた私は、耳をふさぎ泣いていたそうです。
去年帰省した際もう一度ちゃんと話を聞きたかったのと、私の子供にも聞かせたかったので、祖父に願い、再度話してもらいました。

祖父が旧制新潟高等学校への受験を控え、兄弟のいない仏壇部屋で受験勉強をしていた時の話です。

ある日の夜半、受験勉強をしていると後ろの方がザワザワするのですが、振り返ってみると何も無い。
受験勉強をすると又ザワザワする、振り返えると何も無い。
何度も繰り返すうち、「勉強の疲れによる精神作用」と判断した祖父は、気にしないことに決め勉強を続けました。

しかし次の日も次の日も同じことが続きます。
果ては、休養日と決め早寝遅起した日の夜にも・・・。

さすがに気味が悪いが、他に勉強が出来る部屋が無く、仕方なしに仏壇部屋での受験勉強を続けることにしました。
でもその日は、仏壇部屋の押入れにしまってある日本刀を、勉強台の脇に置いておくことにしました。

この刀は、祖父の叔父が日露戦争に従軍した際持って行き、五体満足で除隊出来たと言う刀で、曽祖父が大事にしていた刀でした。
その刀を脇に置き勉強を開始しました。

12時を過ぎた辺りから毎晩続くザワザワ・・・。
鞘ごと掴みサッと振り返ると、そこには鎧を着た6人の武士がいました。
その内の5人は車座になり、残りの1人はその真中で舞を舞っているようでした。

6人とも何処かに怪我をしていて、舞を見つつ泣いていたそうです。
舞が終わり、順番に何かを言った後、自害していきました。
6人とも自害した後は、いつもの仏壇部屋に戻っていたそうです。
体が自由になった祖父は、曽祖父を起こしに行き一部始終を語りました。

すると曽祖父はまず「そういうこともある」と言い、「刀とはそういうものだ」とも言ったそうです。

後日、曽祖父本家と分家総出で新潟市のある寺に行き供養を済ませ、刀も寺に置いてきたそうです。

刀の由来は、高祖の父(祖父の曽祖父)が西南戦争に警視庁抜刀隊の隊員として従軍した際持ち帰った刀である事から、明治以前の事は分からず、その事を曽祖父と祖父の叔父が残念がっていたそうです。