俺の従兄は生霊をやたらと見てしまう体質だ。
死者の霊を見る事は稀だが、生霊はほぼ毎日見てしまうのだという。

従兄はたいてい、生霊と普通の人間の見分けがほとんどつかない。
呼び出されて一人で来た俺にも、「おっ、彼女連れてきたの?」と言ってきた。
俺の斜め後ろに女性がいるのだという。

従兄が説明した風貌に俺は非常に心当たりがあったので、その時は心底肝を冷やした。
数日前、彼女と別れて自分と付き合え、ダメなら二股でもいいから付き合えと無茶を言ってきた女性だ。
勿論、従兄とは何の面識もない女性だし、彼女についての話を俺がした事もない。

そんな従兄と飲みに行った帰りの事だ。
住宅街の細い路地を並んで歩いていると、前から車が走ってきた。
歩道のない細い道だったので、俺と従兄は道路脇の塀にくっついて車が通り過ぎるのを待った。

スピードを落として横を通り過ぎる派手な赤のアルファロメオを横目で見遣ると、チャラそうなカップルが乗っていた。
無事に通り過ぎたので歩き出そうとした瞬間、前方にいた従兄が塀に手をついて座り込んだ。

俺:「なんだよ、酔った?」

吐きそうになっているのかと思い、隣にしゃがんで従兄の顔を覗き込むと、従兄は真っ青な顔で口元を押さえていた。

従兄:「・・・ヤバイの見た」
俺:「見たって、何を?」

従兄:「生霊」

もはや生霊を見る事が慣れっこになっているはずの従兄が震えている。
これは余程のものを見たのだろう。

「ちょっと待ってね」と言って従兄は二三回深呼吸をしてから立ち上がり、「よし」と言ってから何事もなかったかのように歩き始めた。

慌てて後を追いながら、何を見たのか問いただすと、従兄はあまり言いたくなさそうな様子ながらもぽつりぽつりと話してくれた。

従兄:「車の屋根にね、女が乗ってたんだよ。白っぽいヒラヒラした半袖着て、茶色いスカート穿いた若いコ。それが髪振り乱しながら、運転席の上を包丁でメッタ刺しにしてんの。ありゃマズイよ」

従兄曰く、生霊はたいてい手ぶらなのだそうだ。
それが包丁なんか持って車をメッタ刺しにしているというのは、ただの執着を超えて明確な殺意を抱いている証拠だという。

従兄:「お前も早く後ろのコなんとかした方がいいと思うよ。今はまだ手ぶらだけどさ」

そう言われ、俺は改めて肝を冷やした。