それは今から20年程前、都内に住んでいた時の話です。

私はしょっちゅう同じ女の人とすれ違っていました。
朝は仕事で決まった道を急いで行くのですが、帰りはその日の気分でいろんな道を通って帰っていました。
女の人は黒髪のショートで少し色黒で、主にスカートを履いていた様に思います。
鞄は持っていなかったので散歩かなと思っていました。

はじめのうちはご近所さんだから、よくすれ違うのも当たり前かな、と思っていました。
ところが、気ままな私が帰り道を「今日はここを曲がって違う道を通ってみよう」と歩いても、「多分ここの道はあそこに繋がってるはずだから、初めてだけど通ってみよう」と歩いても、帰る時間が早くなっても遅くなっても、必ずその女の人が向こうから歩いて来るのです。

だんだん偶然とは思えない頻度ですれ違う様になりましたが、すれ違ったからといって、何かが起こるという事も無く、本当に偶然の重なりだったのかもしれませんが、私にとってはもう不気味な存在の人になっていました。
互いにすれ違い様には顔を伏せて、互いの顔をよく見る事も、後ろを振り返る事も無かったのですが、女の人は髪型も服装もあまり変わらないので、遠くからでもその人だという事がだんだんわかるようになってきました。

そんなある日、その女の人に恐怖の念を抱くような事がありました。
私は休日で、初めての店に初めての道を通って行く事にしました。
その行き返りに、女の人とすれ違ったのです。
私は息を呑みました。

「何で・・・?何で・・・?」

私はもう外を歩くのさえ恐怖を感じるようになっていました。
女の人が歩いてくるのがわかると、後戻りしようとか、別の道を行こうとか考えましたが、磁石で引っ張られる様に真っ直ぐに歩く事しか出来ません。

でも、この思い込みかもしれない恐怖をどうしたら無くせるだろうと考えていて、ある日挨拶をする事を思いつきました。

「こんばんわ」「よく会いますね」と、私から声を掛けて会話をする様になれば、変な気まずさも恐怖も無くなるはずと。

私は「出会ったら挨拶、出会ったら挨拶・・・」と、毎日呪文の様に唱えて道を歩くようにしました。

すると、そう思ってからパタリと女の人の姿を見なくなりました。
今度は私の方があちこち歩いて女の人を探しましたが、全くと言っていいほど会わないのです。

・・・今でもたまに都内に遊びに行きますが、あの女の人とすれ違う事はありません。