まだ小さい頃の話。

私は鍵っ子で、学校帰りは一人が多かった。
学校の帰り道、いつもの細い道を歩いていると、不意に肩を叩かれた。
振り返ったが誰もおらず、頭の中には?が浮かんでいた。
気のせいで済まし、また家の方を見ると絶句した。

全部白黒。
一瞬で色盲になっていた。

でも意味がわからない私は、驚きながらもその風景を楽しんでいた。
白と黒の濃紺で出来た世界は、不思議で仕方なかった。
そのうち、変な事に気づく。

道には白黒の人が何人もいた。
子供も大人もいて、座っていたり立っていたりするのだが、一度も見たことがない人達。
着物の人もいるし、皆なんだか動きが遅い。それに少し透けているように見えた。

おかしい事ばかりだな、と思いながら我が家に入ると中にも人がいた。

泥棒!?と考えたけれど、その人は帰ってきた私を見て泣きはじめてしまった。

歳は母くらい、でも見たことがない綺麗な女の人だった。
泥棒なのに何だか初めて会った気がしなかったのもあって、とりあえず家に入ろうとした途端、女の人が手を突き出してきた。

「ダメだよダメだよ。見ちゃだめ」と何回も言われ、背後を示された。

意味が解らないまま振り返ると、自分の後ろは色がついた世界だった。
また振り返って綺麗な人を見ようとしたが、そこはもう白黒の世界じゃなかった。綺麗な人もいない。

それっきり白黒の世界は見ていないのだが、色盲になったにしてもおかしな体験だった。(というか、症状として有り得ないみたい)

数十年後自称霊感持ちの友人から、家への道には霊がいるという話を聞いた。
詳しく聞くと、白黒で見た人達とほぼ同じ。
そして我が家には綺麗な女の人、多分守護霊だろうというのがいるのまで。

此処で軽い疑問が出来た。
最初に肩を叩いて白黒の世界を見せたのは誰なのか?
あれから白黒の視界になった事はないので、わらないままでいいのかも知れない。