先日『ほんとにあった呪のビデオ』のある話を視て思い出した事があるので書き込みます。

僕がまだ浪人生だった頃。
親から都内にアパーを借りてもらい予備校に通いながら受験勉強する事になった。
「静かな環境ですよ」と言われ決めたアパートだったが、越して来てすぐに気になったのは隣りに住む女性の部屋からの子供の夜泣きだった。

一月程は我慢したものの毎晩の様に聞こえて来る火のついた様な子供の泣き声。
まぁ子供の夜泣きだけなら仕方ないとしても、なにより我慢ならなかったのは子供を怒鳴りつけるヒステリックな女性の叫び声。
僕はとうとう大家さんに相談に行った。

しかし大家さんは「彼女には子供なんて居ないはずだよ」と取り合ってくれない。
仕方なく彼女に直接注意に行く。

当初玄関先まで出て来てくれたものの、彼女は僕の話しを聞くと急に青ざめて逃げるように部屋の扉を閉めて出て来ようとはしなかった。
その晩は諦めて僕は部屋に帰った。

そんな翌日。
僕は予備校から帰るとアパートが何やら騒がしい。
パトカーも数台来て何か事件があった様子だった。

人込みのなかに大家さんを見つけて尋ねると、なんと彼女が自殺していたらしく死体で見つかったとのこと。

僕はびっくりしたものの子供の安否がきになり近くにいた警察官に尋ねると子供など居ないと言う。

僕は気になりながらも警察も引き上げ騒ぎは一段落した。
しかし、その晩遅くに僕の部屋に私服の刑事が訪ねて来た。

刑事:「彼女とは以前からのお知り合いですか」

僕は否定すると、「先ほど警察官に彼女子供の事を尋ねましたよね?」と。

僕はこの一ヶ月間のことと昨晩の事を話した。

不思議そうな顔をする刑事が言うには、彼女の遺留品の中のトランクに死後半年程経過した幼児の死体が発見されたとの事だった。

僕があの一ヶ月間聞いていた子供の泣き声は何だったんだろう?
自殺した彼女は誰に怒鳴っていたのだろう。
今回ビデオを見て改めて不思議に思う。