結構有名な話です。
和夫(男)と真由美(女)は周りから見てもお似合いのカップルでした。
二人が付き合い始めて三年が経つ頃二人は大学を卒業しました。
真由美は大学の親友のようこ(女)と同じ会社に就職し、そろそろ結婚したいと話していた矢先のでした・・・真由美に不幸が起きたのは・・・。

ヨウ子と飲みにいった帰りに酔っ払って川に落ち、死んでしまったんです。
川に落ちたといっても道から落ちるとコンクリの土手に先に当たって大怪我したまま川に落ちる為、泳げるはずの真由美も死んでしまったのです。

ヨウ子から真由美が結婚したがってた事等を聞き、和夫は悲しみ、落ち込みました。

ヨウ子は責任を感じて、和夫を励ますよう努力しました。
そして二人はいつしか付き合う様になっていました。

真由美の死後三年が経つと、和夫とヨウ子は結婚して、女の子が生まれました。
二人はその子にサツキと名づけ可愛がりました。

だが、サツキはあの、死んだ真由美に似ていたのです。
だが、和夫は真由美の事などサツキには一切話しませんでした。

ある日、和夫とサツキが二人でいる時こう思いました。
『さつきはどんどん真由美に似てくる。ヨウ子も気付いているだろうな』

するとサツキが言ったのです。

サツキ:「ヨウ子は私を殺す気よ、あの時みたいにね」

この話は名前だけ違う同じ様な話がいろんな所で広まっているみたいなので、知ってる人も多いかもしれません。