名古屋の観音さんのそばの公団に住んでいたときの話。

玄関ドアの脇に、鉄のドアがついてて、中にはちょっとだけ物が置けるスペースと、ガスや水道のメーターがついてる。

ある日帰ってきたとき、隣の部屋のそのドアが開いてるのに気づいた。
同じフロアには小さな子供のいるうちもあるみたいだし、
危ないから閉めておいてあげようとしたら

ドアの中から「しめちゃだめだよ」と小さな男の子の声が聞こえた。

あれっ?と思ってドアを開けてみたが、誰もいなかったし、何も置いてなかった。
周りを見渡しても、誰もいない。

あの声はどこから来たんだろう?