不思議な夢を見たお話です。

偶然だと思うのですが、幼い頃に母の故郷で不思議な体験をいくつかしたので、思い出し次第いくつか投稿したいと思います。
今回はその内のひとつから。

19年ほど前、当時私が小学2年生だった頃の話です。
当時の私は、母の生まれ故郷である九州の片田舎に引っ越してきたばかりで友達もおらず、後述する夢で見た公園に毎日ひとりで遊びに行っていました。

当時はゲームボーイ最盛期でしたから、公園には私以外あまり遊びに来ている子供達がいないので、友達が出来るまでは常に一人遊びでしたね。

そんなある日、夢の中で私はパジャマ姿のままベッドから起きて、近所の公園に向かってぼーっとした頭のまま裸足でフラフラと歩き続けていました。

空と風景は灰色で私以外の人の気配は一切ありません。
そして目的地の窪地のような場所にある公園へつきました。

公園へ降りられる階段の上に私は居て、私がボーっとした頭で階段を中段まで下りて公園を眺めていると、急に足元が冷たくなりびっくりしました。

足元を見ると、すーっと透き通った水が現れ、私は足首の高さまで水に浸かっていた。
思わず飛びのいたがパジャマの裾は濡れていない。

不思議に思いながら顔を上げて前を向くと、いつも遊びに来ていた窪地の公園ではなく、綺麗な湖?というか湖沼が広がってました。

灰色の景色の中水と魚だけは色がついており、水中には沢山の魚が元気に泳ぎまわっていました。

あぁ綺麗だなぁ・・・なんて暢気に思っていたら、いつもの風景と湖沼の風景が交互にボワン、ボワンと目の前で移り変わり、やがていつもの公園に戻り私は目が覚めた。

それがどうにも頭から離れずに、何となくその土地に昔から住む叔母に「昔、○○公園は池だったの?」と聞くと、何故それを知っているの?と叔母が大変驚きました。

叔母曰く、祖母くらいの世代まで湧き水が沢山わいている綺麗な湖沼だったのですが、泥が溜まり段々水深が浅くなり、土地の有力者が埋め立てて現在の公園にしてしまったそうです。

何故そんな夢を見たのか今でも不思議に思います。