昔、大田区品川区目黒区の境目あたりにあるマンションの最上階5階に1人で住んでた。

夜になると勝手にトイレの電気がついて流れる音がしたり、ベランダに誰か立ってたり、ダイニングにいると電話の内線で部屋から呼ばれたりした。

極め付けはある金曜日、夕方うとうとしてしまい寝室で寝ていた。
その間に、隣の区に住む親がこっちに早朝から用事があり急遽泊まりに来たらしいんだけど、寝室にもどこにも俺がいないし、何度も電話掛けたのに出ないから、勝手に泊まってた。(それ自体はよくある事だった。
てより親のマンションで、親は無期限で祖父母の介護の為に近隣の区に引っ越し)

全く目覚めなかった俺が目が覚めたのが日曜の夕方で、つまり丸々二日寝ていたらしい。
トイレに行こうと部屋を出たら親がいて、びっくりされた。

親曰く、「電話も何度もかけ、寝室も布団をめくって確認したけど、お前はいなかった。
用事でお父さんお母さん揃ってきたけど、用事があったのはお父さんだけで、お母さんはずっとここにいて家から出てないから、お前の出入りがあれば気付くはず」

母はその日の昼間も換気と掃除で俺の部屋に入ったけど、俺はいなかったらしい。

夢遊病かと思ったけど、当時のマンションは玄関入ってすぐダイニングキッチンで、そこを通らず出入りは不可能。

俺の寝室もダイニングを通らないと行かれない。
知らない間に俺は神隠しにあって、知らない間に帰ってきたようだ。