日曜の昼過ぎ、縁側に敷布団をしいて2歳の息子を胸に乗せ昼寝をしていた。

しばらく経った時、急に胸に息子以外の重みがグッとのしかかった。(苦しいなあ。娘(4歳)が乗って来たのかなあ。それにしては重いなあ)

何故か意識が朦朧として体が動かない。
目を薄っすらと開けて見ると、息子が胸にしがみついて寝ているだけだった。
『そういや娘は嫁と出掛けたよなあ。何だろうなあこれ』と考えていると。
バン!と急に縁側のガラスを叩かれた。

相変わらず体が動かないので横目でその方向を見ると、誰かがガラスにベッタリとくっついてこっちを見ていた。

ハッキリとはわからないが、近所に住むAさんというおばさんのようだった。
Aさんは再びガラスをバン!と叩くと、今度は「あんた!何してんの!」と怒鳴った。
そして続けて「そこをどきなさい!」バン!「出て行きなさい!」バン!と何度か繰り返した時、息子がビクンとし「うわあん!」と泣いて起きた。

その瞬間、頭が冴え体が軽くなった。

息子を抱えながら起き上がり、パッとAさんの方を見た。
しかし、さっきまでガラスにベッタリとくっついて怒鳴っていたはずのAさんの姿が無かった。

ほんの数秒だったので不思議に思い、ガラスを開け縁側から庭に出たが誰もいない。
何か気持ち悪い体験したな・・・と、また縁側に戻ろうと何気なくガラスを見ると、手の平の跡がクッキリと残っていた。

やっぱり来てたよな!
そうモヤモヤしながら縁側に座っていると、嫁と娘が帰って来た。
嫁にたった今の出来事を話したが、「夢でも見てたんでしょ?」と鼻で笑われてしまった。

その日の夕方。
4人で夕飯を食べていると玄関のインターホンが鳴った。
Aさんだった。
町内会の集金に来たらしい。

俺は何となく怖くて、リビングから玄関で嫁とAさんが話すのを黙って聞いていた。

Aさん:「今日の昼間、一度来たんだけど誰もいなくて」
嫁:「え!そうなんですか?」

Aさん:「車があったからご主人いらっしゃるかと思って、インターホンを鳴らしたんだけど誰も出なくて帰ったんです」
嫁:「えっと・・・ああ・・・そうだったんですね。すいませんでした」

Aさん:「いえいえ、大丈夫ですよ」

しかし突然大きい声で「そうそう、ご主人に言っておいて。恐い顔の女の子が来てるわよって」。
そう言うと「おやすみなさい」とさっさと帰ってしまった。
まるで俺に聞かせるかのような大きい声。
何となく事情がわかりゾッとした。

実は数日前、同僚と飲んでいる時に恐い話になった。
その時、俺は小学校の時の同級生の話をした。
Bちゃんといって、目付きが鋭くいつも怒っているような恐い顔の女の子だった。

特に虐められていたとかそんな事はなく、普通に皆んなと仲の良い女の子だったが、ある時交通事故で亡くなった。
その葬式に出た時に、同級生の誰かが「Bちゃんの慰霊写真の顔が恐い」と言い出した。
確かに白黒の写真は、いつも以上に目付きが鋭く恐い顔だった。

俺も同級生に合わせ「めちゃくちゃ恐いな」と言った瞬間、耳元で「こわくないよ」とBちゃんの声が聞こえた。そんな話をした。
ああ、Bちゃんが怒って来てるんだと思い、直ぐに「ごめんなさい。ごめんなさい」と謝った。
その後は特に変わった事はなかったが、何となくAさんに会うのが怖くなってしまった。

ちなみに後日、嫁がAさんに縁側での出来事を聞いたが、昼間はインターホン鳴らしても出ないから本当に直ぐ帰ったとか。
おまけに「勝手に庭に入らないわよ」と笑われたらしい。

嫁は「絶対に夢」と言うが、俺はAさんが嘘を付いてるようにしか思えなくて、何だか釈然としないまま今もいる。