高校2年生のちょうどこの時期の話。

その日は定期テストで早く帰れたのもあって、普段からスカスカな路線なのに余計に電車がスカスカだった。
それで音楽聞きながら携帯触ってたら、向かいの座席にカップルが座ったのが視界の端で見えた。
最初は気にして無かったんだが、視界の端で見えただけだったけど、ついつい見てしまった。

男は中肉中背のハゲたおっちゃんで、女の方は日本人じゃなさそうな、アジア系のお姉さん。
なんか当時の俺は外国人のパブのねーちゃんでも連れてるんだと思ったけど、どうも男は女に嫌そうな顔してた。

しばらくチラチラ見てたら、女が男に何か話しかけていた。
俺は音楽聞いてたから全く内容は分からなかったんだが、女が男の頬に顔近づけたままぶつぶつ喋ってたから、「あ、この女の人変な人なんだ」って思って目を逸らそうとした。

だが、ちょうど男と目があった。

ちょっと気まずい感じがしたからまた携帯いじる事にした。
周りの人も全く見てなかった。

でもやっぱり気になるからカップルを視界の端で見ていた。

それからしばらくすると女が俺の方をガン見してきたんだ。
向かいに座ってたからそう感じるだけだと思ったんだが、顔を上げるとがっつり目があった。
俺は不気味だったから地元の駅に着いた瞬間急いで電車を降りた。

家に帰ってからは夜中まで翌日のテストの勉強した後、さっさとベッドに入った。
すると頬に何か当たった感触がした。
俺は怖くて目を明けられなかったが、その主が誰かすぐに想像が付いた。

頬のすぐ横でぶつぶつ囁きだした。
日本語じゃないみたいなのをひたすらぶつぶつ。

ただ、「痛い、手当て(?)、紙、泡、来た」って単語は聞き取れたのを覚えてる。

その時はなんか、『あぁ、電車で見たおっちゃんから移ったんだなーとか、他の人は”見てない”んじゃなくて”見えてなかった”んだなーとか、見えたのがバレたから付いて来たんだろーなー』とか、もう怖すぎて逆に冷静にいろいろ考えてた。

気が付いたら寝てしまってて、朝になったらアイツは居なかった。

俺はそっから1ヶ月ほど、不定期に耳元で囁かれることになる。
気がおかしくなりそうだった。
3回のお祓いも意味なかった。

でもある時からアイツは現れなくなった。
たぶん誰かが”見た”んだろう。
それでアイツは今も”見た”人をつけ回してるんだと思う。

何を伝えようとしたのかは、今となっては分からない。