男友達の話。

日曜日の夕方に一階窓全開&鍵開けっ放しで、男3人で鍋やってたら、いきなり「よお!遅くなってすまん!」と見知らぬ男が玄関から入ってきて、堂々と空いている一角に座って、鍋食べながら気軽に話しかけてくる。

年は同い年(22~25歳)くらいで、服装も自分たちと同じような服。話題も共通。
なので『俺は知らないが他の二人の知り合いなのかな?』と3人それぞれが思い込んで、そのまま1時間ほど過ごしたそうだ。
しかも楽しかったそうだw

しかし家主が他の二人に「ちゃんと紹介しろよ!」と言ったところ、「俺知らない」「え?お前の知り合いじゃないの?」と発覚。
男に「お前誰?」と聞いたところ、名前を聞いてもさっぱりわからない。

「○○に△△に××だろ?○○(家主)が電話してきたじゃないか」と男は言う。

三人の名前も合ってる。
家主は三人だけで鍋やる話だったので他に誰も呼んでない。
とりあえず本当に思い出せないと言ったら、男は怒って帰って行った。

で、後日その三人はその男について友達に聞き回ったんだが誰も知らない。

「腹を空かせた単なるノリの良い奴だったんじゃないか?」
「窓から会話を聞いて3人の名前を覚えて突入したんじゃないの?」という憶測をたてた。

これだけだったら不思議な笑い話なんだけど、そのあと家主は何度かその男に突撃されて、ドアチェーン越しに「まだ俺を思い出せないのか!?」と怒鳴られるので、怖くなって引っ越ししたそうな。