朝5時くらいに、夜遊び好きの父からの電話で目を覚ました。

父に何かあったのかと慌てて出たけど、ポケットの中でボタンを押したパターンみたい。
面白いのでそのまま聞いてみることにしたんだけど、どうも電話の向こうに父はおらず、性別不明の二人の話声がする。
声は少し反響していて、豪快に水を流すような音も聞こえた。

話声は最初少し遠くて何言ってるのかわからなかったけど、徐々にはっきり聞こえるようになった。
ポケットの中にしては明瞭すぎる程よく聞こえるけど、何故だか話の内容がわからないっていうか単語が全く拾えない。

話声は日本語ではなく、全く聞いたことのない言語だった。
かれこれ10分以上はその奇妙な会話を聞いていたけど、急に怖くなって電話を切った。
その後すぐにかけ直すと普通に父が出た。

これまた普通の飲み屋っぽい場所で、周りで父の友人の笑い声もする。
ポケットの中でボタンを押したというには、あまりにも場所の雰囲気が違った。
一応「電話した?」と聞いたけど、「してない」と予想通りの返事。
お互いの発着履歴は普通に残ってた。

まだPHS使ってた10年以上昔の話です。
最近異世界とか平行世界のまとめ読んで、もしかしてこれ同系かなと思った。
共通点とえば不思議な言語くらいだし、体験として地味だし、パンチも弱くてごめん。
ただあの不思議な言語は、今でも似たようなの聞いたことない。
あれ本当になんだったんだろ。