十数年前、隠れる場所もないところで突然、父の足元にしがみついていた弟が消えた。

私、父、おじさんは真っ青になり、川に落ちたのではないのか?と川を覗き込んでみたり、来た道を戻ったりしたけれど、弟の痕跡はなかった。
川に落ちたと思い、警察に電話をと思っていたら、父の足元にしがみつく弟がいた・・・服などは全く汚れていなく、キョトンとした顔でいた。

どこに居たのか聞いても、答えられる年ではないのでニコニコ笑うだけ。

もしかしたら弟はあの時、何処か異次元に行ってしまっていたのかも。
その後にも同じ場所で、弟と同じ年の子供が消えてしまったままらしい。