自分が昔入院した時にあった怖かった経験。

・深夜、トイレに起きたら、婦長さんが誰も居ない空間に向かって静かに諭すみたいに暫く話しかけてた。
妙に深刻な雰囲気なせいで声をかけられなかった・・・。

・やっぱり深夜、消灯時間が早いせいで目が覚めてしまった時、寝返りを打ってたら、隣の病室から赤ん坊の泣き声がし、暫く続いてブッツリ切れた。
でも隣の病室は、翌朝見たらお婆さんな患者だけで、赤ん坊とかいない。
というか元より赤ん坊がいる病棟ではない。

・やっぱり夜中にトイレで起きたら、廊下の突き当たりに看護婦さんとは違う黒い人影があった。
ベランダの方に出てくみたいに消えたけど、病棟のベランダは事故防止で完全封鎖されてるのに。
・・・謎。

昭和に立てられた古い病棟だったせいで無駄に怖かった。