山頂に神社と古代の祭祀遺跡がある里山(中腹まで結構開発されている)に登った。
3~4mの木々の奥にタラの若木3本発見。
芽を摘まれすぎて立ち枯れていたが、密集する枝を上手くすり抜け斜面を下り、接近。(子供の頃から得意)

近くで見てマナーの悪い山菜取りに立腹するも、『近辺の普通の人では入れない所を探せばまだあるかも、枯れない程度に摘めるかな。摘もう。旬になったらまた来よう。』と思った後、道に戻ることにした。

逆進は枝ぶりから面倒だからここで曲がって、、と体を慎重に左にひねる。

『がち』

いきなり首が止まる。
動かない。

右目真正面に折れた枝が垂直にある。
メガネに当たっている。

さっきまで全く見えていなかった。
大体左目の目前を横切るように見えるはずなのに見えていなかった。

不思議に思い、首も体も右にひねって戻し、もう一度『がち』。
また見えていない。

混乱する中、無理に進むごとにとても嫌な想像が膨らむ。(メガネの横をすり抜けて、見えていなかった枝が目に刺さる~)

もう一度、『がち』。
以下同文。

メガネがなければ最初の時に失明している。

まずい。
もうやばい。

山で不思議なことはそこそこ経験したし、大抵のオカルトじみたことでも平気だったが、これはやばい。
冷や汗すら出ない。

本当に畏怖を感じた。
とてもかなわない。
生きて帰れる気がしない。

いろいろ考えた末、声に出して山の神に詫びを入れ2度とこの辺りには来ないと誓い、また詫びた。

体を左にひねる。
今度は枝が見える。

道に戻り、無事山を降りた。

麓に置いてあった車に乗ったとたん汗が噴き出した。