私が高校生の時、国語の先生が話してくれたお話です。

先生が引率として行った何年か前の修学旅行。
行き先は仰っていませんでしたが、今と変わっていなければ北海道でしょう。

元気盛りの高校生達。
多少の問題は起こったものの、まぁ例年通り。
ホテルまで辿り着き、早めの夕食の時間でした。
ふと、近くの女の子グループのテーブルを見ると、お喋りばかりであまり箸をつけていません。
お年頃ですからね、男の子達の目が気になったのでしょう。
先生は、声こそかけなかったものの、『あらあらあの子達、夜中にお腹空かせて買い食いでもするんじゃないかしら』と、これもまた例年通りの心配をしていたそうです。

そして夜中、深夜1時頃でしょうか。
先生方でこっそり飲み交わしたお酒もまわり、布団に潜ってウトウトしかけた時、突然、部屋のドアをドンドン叩く音と、「先生たすけて!」という女の子の泣き声が・・・。
同室の先生と顔を見合わせ慌ててドアを開きました。
そこにいたのは夕食時に目に付いたグループの女生徒がふたり。

「○○ちゃんが変なの!どうしよう!」

彼女たちの部屋はすぐ近くでした。
飛び込むように部屋に入ると、布団の上に仰向けに倒れている○○ちゃんと、青い顔をしてその横に座り込んでいるもう一人。

何か事故でもあったの!?

こちらも蒼白になりながら○○ちゃんの肩をゆすると、彼女はあっさりと目を覚ましました。
キョトンとして、なにかあったの?という風情。
ホッと胸を撫で下ろし、彼女たちに何があったのか尋ねました。

その話はこうです。

深夜0時をまわった頃、もちろん消灯の見廻りは声をひそめてやり過ごしました。
布団に形だけは入り、くすくす他愛もないお喋りをしていましたが、やがて誰ともなく「お腹空かない?」の声。

先生の予想通りでした。
しばらくは我慢していましたが、やっぱり無理!とのことで、こっそり1階のエントランスに向かいました。
もちろん売店は閉まっている時間ですが、何台かお菓子の自販機があったのでそれ狙いでした。
こそこそと、少し楽しくなりながら1階まで階段を降りると、エントランスの薄暗くなった照明の中に、浴衣姿の人影が見えました。

白地に紺色の模様、後ろ姿でしたが男性・・・。
なぜか、頭にはほっかむりをしていました。
誰とまでは判りませんでしたが「ヤバイ!先生だ!」と慌てて階段を引き返そうとしました。

その気配でゆっくり振り向き始めるほっかむりの男。
両手をゆっくり、案山子のように広げました。
捕まったらお説教されるのは目に見えています。
我先にと階段を駆け上がる彼女たちの後ろから、広げた両手と体をやじろべえのように両側に揺らしゆっくり、ゆっくりとした歩みで追ってきます。

顔はよく見えません。
声も上げません。

彼女たちの部屋は3階です。
こんなに全力で駆け上がっているのに、なぜか男はゆっくりとした歩きでどんどん距離を詰めてくるのです。
とにかく無我夢中で走り、部屋になだれ込みました。
その瞬間、最後尾を走っていた○○ちゃんから「ひゃあ!」と悲鳴。

「背中撫でられた~!!」

勢いでドアまで閉めたものの、もう部屋もバレてしまっているので、いつ『コラァお前らぁ!』の怒声が響くかとビクビクしていたのですが、しばらく経っても部屋はシーンと静まりかえったままでした。

「・・・もしかして、見逃してもらえた?」

皆なんとなく違和感は感じていたものの、ひとまず安堵感でそれを拭い去りました。

「もう買いに行くのは無理だね~」

しかし走った動悸と興奮でしばらくは寝付けそうにありません。
四人でまたくすくすとお喋りを始めた時、急に○○ちゃんが『XXXXXXXXXXX!!!!!』と叫びました。

何と言っていたかは判りません。
男の怒声のような感じでした。

三人がビックリしていると、今度はよだれを垂らしてアハハハハハと笑い出しそのまま仰向けに倒れびくんびくんと痙攣を始めました。
そこで慌てて先生の部屋に駆け込んできたというわけです。

起きてきた他の先生方にもみっちり叱ってもらった後、その浴衣の男が気になり尋ねました。
が、四人とも覚えていたのは白地に紺の浴衣とほっかむり、という点だけでした。

修学旅行中、そのホテルは学校の貸し切りでした。
彼女たちが見た白地に紺の柄の浴衣は、たしかにこのホテルの物です。
しかし生徒達の部屋にも先生方の部屋にも、浴衣は置いてありませんでした。

薄暗く落とされた照明の下で彼女たちは初めて来た遠方のホテルの、見る機会が無いはずの浴衣の柄だけを何故かハッキリと覚えていました。

そういうお話です。
その後は特に何事も無かったそうですが、修学旅行を間近に控えた私たちのクラスでこの話をした先生の悪戯っぽい笑顔を今でもたまに思い出します。