初めましてノブと申します。
今から5年前当時付き合ってた彼女と竹下通りに買い物に出掛けました。

祭日だったと記憶しています。
どこを見ても若者だらけで人を避けながら快晴の空の下マクドナルドのコーラ片手に買い物を楽しんでいました。

午後1時頃だと思います。
僕は急にトイレに行きたくなり店内を見回しましたがトイレは無く、店を出て他で探そうと思い彼女に「トイレ行ってくるから買い物済んでもこの店から離れないでねっ」と言い残しトイレを探しました。

ところがなかなかトイレが見つからなかったので原宿駅まで行こうと歩いていると、建物と建物間の壁に車のナンバープレート位の大きさに切ったダンボールに赤いマジックで【トイレ→】と書いて壁に貼ってありました。

その路地は幅が60cm位で薄暗く先を見ると10m位先は空地のようでした。
路地を進む途中後を振り向くと晴天の竹下通りを行き交う若者の姿が見えました。

空地に着くとトタンで建てたトイレその横には木の長椅子に座ってメンコをしている小学生低学年位の男の子二人、髪型も服装も昭和40年代のスタイル。
不思議に思いながらもトイレに駆け込みトイレ内を見回すと、昔ながらの上部にタンクがあって細く長い鎖を引いて流すタイプのトイレとり、あえず用を済ましトイレから出ました。
すると、先程まで長椅子に座ってメンコ遊びしていた少年二人の姿は無く空地は静寂していました。

時間にして【トイレ→】の看板を発見してから15分位だったと思います。
不思議に思いながらも早く彼女の待つ店へと路地を抜け急ぎました。

店に着いて店内を見回わしましたが彼女は何処にもいません。
携帯で彼女に連絡しました。
するといきなり凄いけんまくで「あんたふざけないでよ!人を二時間以上待たせて!連絡もしないで・・・!」と、一方的に携帯切られました。

彼女は怒って自宅マンションに帰ってしまってたのです。
僕は意味が解らずパニクりました。

2時間以上??
店内の時計を見ると午後3時41分確かに彼女言う通り二時間以上経っています。

しかし、僕の腕時計と携帯の時計は午後1時28分。

僕は全身に寒気と冷や汗で気分が悪くなり、店の前のベンチで10分程休みこの状況を整理しました。(路地に入ってつまずいて転び頭を打って2時間気絶したかもとか、彼女と買い物に出掛けた時から全て夢だったとか)

・・・色々可能性を考えてみましたが、混乱するばかりでとりあえず彼女のマンションに急ぎました。
マンションに着くと彼女は渋々と玄関の扉を開けてくて・・・中に入って彼女に一部始終出来事を話しました。

最初ムッとしてた彼女も真剣に話しを聞いてくれるようになり、結果都内の某大学病院の精神科に行く事にしました。
僕自信もその方が少しは気が楽になると思ったからです。

しかし精神科の先生に話しても・・・この出来事、僕も第三者的に考えればおかしな話しです。
結果、病名もハッキリせず精神安定剤と先生の安心させる言葉を頂いて帰宅しました。

今では精神状態も落ち着き彼女と結婚し平和に暮らしております。
精神科の先生に後で聞いた話しですが、今まで世界に僕と似たような経験をした人が6名程いるみたいで、珍しいので大学病院ではこの症状を研究材料としてデジタル化しデータ保存して密かに研究を続けているみたいです。

思い起こすとあの空地の風景と少年が着ていた服の色、白黒に少しだけ色を着けた感じで少年の顔色も白に近いグレー色、それに快晴のはずの空が空地では曇り空・・・本当に不思議な一日でした。