知り合いの話。

彼女が子供を連れて実家に帰った時のこと。
途中の山道に、地元では嫌な噂のあるトンネルがあるのだという。
そういうことをまったく信じない彼女は、気にすることもなくトンネルに乗り入れた。
いつもと同じ、何も不具合など起こらない。
ただ、トンネルの天井にある電燈が、一箇所だけ暗くなっていたのが気にかかった。
はっきりとは見えなかったが、壊れてでもいるのだろうか?

そのままトンネルを出たところ、娘さんがじぃっと後ろのトンネルを見つめている。
どうしたの?と聞くと、こんなことを言う。

娘さん:「あのね、天井に、黒いお婆ちゃんが張り付いてたの」

一瞬で思いは例の電燈に結びつき、背筋に冷たいものが走った。

娘さん:「そのお婆ちゃん、変なんだよ。私を見てニヤニヤしてるんだもの」

とは言え他の道がある訳でもなく、今も里帰りの際はそのトンネルを利用している。
ちょっと嫌なんだけどね。

そう言って、彼女は顔をしかめた。