私が小学6年生の時のお話です。

学校によって呼び方がちがうようですが、『総合』という生徒がテーマ事に4~6人の班に別れて、テーマに沿った調べものをして、それをまとめて発表するという学習がありました。
当時ぬ~べ~というアニメが流行っており、私たちの班はわが校の七不思議を調べ発表しました。

6年生の最後の発表会ということで、体育館に1年生から6年生まで全員を集めての大規模なもので、ガチガチに緊張しながらも、私たちの班は発表を終えました。
他の班が発表を終えたときは、全校生徒からの大きな拍手が飛んでいたのに、私たちの班がもらったのは、皆の不思議そうな顔とまばらな拍手でした。

テーマがやっぱり変だったかな?とか、他の班の発表を聞いてるふりをしながらプチ反省会です。
発表会が終わった後に教室に戻り、感想を書いて、その流れで帰りのHRです。

私たちの担任はいわゆる子供に人気のおもしろい先生で、この時間は今日あったおもしろい話等をしてくれるのですが、その話の主役が私たちの班でした。

先生:「七不思議というおもしろいテーマをちゃんと発表できたのに、6つしか見つけられなかったって締めかたは怖い話っぽくてよかっ。だけど、伝わらなくて皆ポカーンとしてたのが一番怖かった」

私たちの班員以外のクラスがドッとわきました。
訳がわかりませんでした。

話をまとめると、まず私たちの班は七不思議のうち6つしか見つけられませんでした。
そして、班員も丁度6人だったので、その6つを1人が1つ担当して発表し、それだけしか見つけられなかったと発表を終えました。
ですが先生を含め、私たちの班員以外のクラスメイト、おそらく全校生徒が7つの七不思議全てを聞いていたのです。

私たちは6つしか発表してないと主張しましたが、「また怖がらせようとして・・・」と、最初は先生や皆も相手にしてくれませんでしたが、私たちの必死さと、ある一つの質問によって教室の空気が変わりました。

質問は「二回発表したのは誰?」

6人の班が7つ不思議を発表しているというのですから、発表を見ていたなら何人かは答えられて当然です。

誰も答えられませんでした。
かろうじて答えられたものも「○○だったような」というもので、ザワザワが大きくなり、幽霊だとかハイになる男子や泣き出す女子が出たりして、クラスは混沌としました。

結局その日は私たちの勘違いということで解散となりましたが、当然のように七不思議の話は禁止になりました。
ですが、そんなことが噂にならないわけもなく、学校では空前の七不思議ブームが起こりました。

ちなみに、最後の七不思議は「地下室の鏡は地獄に通じている」というものだったそうです。
ですが、我々が卒業した今では、「七不思議を調べると不思議な体験をする」という内容にとって変わられたそうです。

息子から母校の七不思議を聞かされて、すごく不思議な気持ちになったので書き込ませてもらいました。