同僚の話。

夜、自宅で寝ていると、ざわざわという音で目が覚めた。
微かだが、耳を澄ませば確かに聞こえる。
多勢が楽しく語らっているようで、陽気な御囃子も聞こえていた。
近所のどこかで宴会でもしているのかなと、寝惚け眼で思ったという。
寝直そうと枕に顔をうずめた時、嫌なことに気がついた。

微かな騒ぎ声は、間違いなく彼の寝床の下から響いていた。

夜が明ける頃、声は聞こえなくなった。どうやらお開きになったようだ。
睡眠不足を堪えつつ、早速布団を片し畳を跳ね上げる。
何も見つからなかったが、なぜかアルコールの匂いだけは残されていた。

釈然としないまま床下を探っていると、やがて家族が起きてきた。
前夜の話をすると、祖父さんがさくりと言う。

祖父:「そりゃ古鼬(イタチ)だ。裏山から下りてきて宴会していたんだろう。昔はよく来てたもんだが、本当に久しぶりだな」

納得は出来なかったが、害はないと判断し放っておくことにした。
今のところ、二回目の宴は開かれていないらしい。