俺は沢登りや藪漕ぎのスキルはないんだが、山やってるといつか「おろく」さんに遭遇するんじゃないかと密かに恐れている。

”おろく”というのは山での遭難遺体のことね。
大抵は白骨化しているが、場合によっては半生だったりする。
万が一これに出会ってしまうと、いろいろと事後が面倒なので、できるだけ会いたくない。
というか会っても無視しようと思っている。

で、だいぶ昔のことになるが、まだ礼文島の西海岸を歩けた頃の話だ。
北海道の礼文島ってのは標高も低く大した山もないんだが、最果ての厳しい自然環境のせいで、海岸線の直ぐ上が森林限界で高山植物が咲き乱れているという不思議な島だ。
例えて言えば、本州の標高2500m以上の高山帯がいきなり海の上に突き出ているみたいなもんだ。
なんでも江戸明治の頃に大規模な山火事があって、この後に森林帯が再生しなかったらしい。
そのせいで稜線上や西海岸は、人の住める限界を超えた吹きっ晒しの荒野になってしまった。

特に西海岸は林道すらなく剣呑な岩壁が海へと切れ落ち、この世の果てのような寂寥感と精神が苛まれるような終末感が漂っていて、これがまたたまらなく素晴らしいわけだ。

・・・というわけで、ドMな俺は幾度となくここに足を運んだんだが、ちょうど初夏の今頃に宇遠内からアナマ岩に向かって西海岸を歩いていた時、岩場に打ち上げられた白骨遺体に出くわした。

あーあやっちまった。

そう思ったね。
庶民は携帯など持っていない時代だ。
こんな人気のない僻地で、最寄りの所轄まで一度連絡しに行って、それからここまで案内して戻るとか、絶対にありえん。

とりあえず見なかった事に・・・と思いながらちょっと観察してみた。
ご遺体の手足はもげていて上半身だけ。
白骨と半生の中間ぐらいで、干からびた皮が若干骨にこびりついている。

波に洗われ臭いはほとんど無い。
頭蓋骨は異様に変形していて、とても人間には見えない。
でよくよく見るとどうやらイルカの死体だったという落ちだ。

まいったね。

同じ哺乳類だから色々とパーツが似ているんだな。
椎骨や肋骨なんかはほとんど人間と変わらない。
まぁイルカを見慣れているわけではないので本当かどうかわからんのだが、周りの状況からそう推測した。
少なくとも人間の頭蓋骨じゃあなかった。

そのまま召国分岐まで北上して澄海岬でようやく人里に出たので、茶屋のおっちゃんに話してみたら、そういう事はよくあると言っていたから、実際よくあるんだろう。

ただこの話をなんでここに書いたかというと、いろいろ動揺していて後で思い出したんだが、その死体の下顎骨に残っていた歯の一つが明らかに義歯だったのよ。

アマルガムとかいうあれね。
なので初めに人間と見間違ったんだな。

どういう経緯でイルカが義歯をしてるのか知らんが、幸いなことに今のところ「おろく」には会っていないし、今後も会いたくはない。俺自身がおろくになっちまった時には、よろしくお願いしたい。