怖いというか不思議な話。

俺が小学生の頃、水色のワンピースを着た女性を何度も見かけた。
最初に見かけたのがいつなのか覚えてないが、小学3年生の頃に習字を習いはじめたんだが、その初日に見かけたのを覚えているので、その前から見ていたんだろうとは思う。
俺以外に見えないらしい。

現れると、いつも俺の通る道の前に立っていて、こちらを見てニタニタ笑っていた。
回避できるときは別の道を通るんだが、どうしてもその道を通らないといけない時は俯いて脇を走って通った。

振り返ると相手もこちらを振り向いて、やはりニタニタしていた。
いつも、薄い水色の前にボタンがついているワンピースを着て、多分30代後半くらいだと思う。
ただ、徐々に現れる頻度が減り、高校くらいになるとほとんど見ることもなくなった。

それから何年も経ち、俺はA子という女性と知り合って交際して結婚した。
A子の親は親の反対を押しきって駆け落ちしたらしくて、親しい親族がほとんどいなかったため、
結婚式はせず、うちの両親とA子の母親(父親は故人)と兄弟だけで集まって食事会をすることになった。

その席上で、A子と母親から「静子伯母さん(仮名)」の名前がよくあがった。
静子伯母さんは、唯一、駆け落ち後も連絡を取り合っていたA子の母親の姉で、A子の父が死んだ時も、その後、A子の母の癌が見つかって手術や入院をした時もお世話になったらしい。
ただ、俺と知り合う少し前に、本人も癌になり数ヶ月で死んでしまったとのこと。

その後、俺とA子は一緒に暮らし始めて、何かのきっかけでアルバムを見せてもらったんだが、その時に見せられた静子伯母さんの写真を見ると、まさにその水色のワンピースの女性だった。

服は当然違っていたが、驚いて嫁にその話をすると(以前ちょっとしたことはあったが)、「もしかして、こういう服?」とアルバムをめくって、同じ服を着た伯母さんの写真を出してきた。
伯母さんがとても気にいっていた服で、自分の手作りらしい。

ただ、俺が小3の頃、計算をしたらまだ伯母さんは20代後半のはずだし、伯母さんが亡くなったのは40代後半。
俺が見かけた伯母さんは、30代後半くらいで、嫁の持っている写真を見ても、それくらいの時期にとられた写真がまさにビンゴ、という感じだった(髪型など含めて)。

何故、死ぬ時の姿でも、リアルタイムでもない、中途半端な年齢の姿で俺の前に現れたのかがよくわからないのと、あの気持ち悪いニタニタ笑う顔は、一体何の意味があったんだろう、と今でも気になってる。

写真で見る限り、凄く良い人そうだし、親の反対を押しきって駆け落ちした妹の面倒を常に見る良い人だったはずなのに、俺の前に現れた伯母さんは、物凄く『気持ち悪い人』という印象しかない。

何か意味があるんだろうか?