幼馴染と久しぶりに会って思い出した話をひとつ。

おいらの地元は田舎なんで遊ぶっていうと外なわけです。
夏休みとかは毎日のように川行って泳いでました。
まあ小学生ですからただ泳ぐのもツマラン!ってことで色々やります。
その中で開発した遊びで「金子(キンシ)くん」というのがありました。
どんな遊びかというと、流木にしがみついて上流から流される、という他愛ないもんです。

「金子くん」というのはその流木の名前なんです。
何故「金子くん」かは最早憶えてませんが、みんなそう呼んでたし字もコレと決まってました。
なんで流木に名前付けるんじゃい?と思うでしょう。
理由があります。

・微妙にヒト型。
・頭部分に「∵」的なお顔付。
・戻ってくる。

ええ戻ってくるんです。

一通り彼と遊んだ後、みんなで彼を下流に向けて流し、見届けててから帰るのがルールでしたが、翌日にはきちっと帰着。
彼と遊んだのは小3の夏、お盆前の一週間だけですが、その間は必ず戻ってきてました。

あるときは遊んでる最中にうっかり流した「金子くん」が1時間ぐらい後に上から流れてきたり。
一番不思議なのはこれを不思議と思わなかった当時のおいらと友人ですね。
上から流れてきたときも「金子くん流れてきたよ、ヒヒヒ」とか言って普通にみんなでウケてました。
お盆が明けて(お盆は泳いじゃいけないそうです)見にいったらもういませんでした。

おいらも友人も結構鮮明に憶えてるのになんで今まで忘れてたのか・・・。
「忘れてるだけで、割と不思議なことってあるのかも」ということで友人は帰っていきました。

オチも無いのに長文失礼しました。