同僚の話。

地元の山で行方不明者が出た。
消防団に所属していた彼も、捜索に参加した。

同日の夕刻、残念ながら不明者は遺体で見つかった。
人が入らぬ森の外れで、大きな石の上にうつ伏せとなっていたらしい。
まるで石に抱きついてそのまま死んだように見えたという。
別の分団よりその知らせが届くと、年長の先輩が顔を歪めた。

先輩:「また人喰い石にやられたか」

どうやらその石は、地元ではそこそこ有名な代物のようだ。
その近くで遭難した者は、大抵その大石に抱きついて亡くなっているのだと。
それからしばらくは、石は人肌くらいに温かくなっていると聞く。
死んだ人の体温を吸い取ったかのように。

だから人喰い石と呼ばれている。
案内してくれよと話を振ったら、彼は顔を顰めて「行きたくネ」とだけ答えた。