4年前くらいの話。

当時私が住んでた部屋は皆こぞって「落ち着くから」と、ほぼ毎日誰かしら泊まろうとするくらい通われてた。
間取りは1LDKで5人くらい来ても狭いとは感じないくらい無駄に広かったし、当時彼氏も居なかったから好きなように泊まらせてた。

だけど皆遊びに来るくせに、何故か玄関開けて見える左横の一軒家の物置を気味悪がってた。
いつも夜になるとその物置が開いてて、友達らはその物置の中に「誰か居た!」とか、「物置のドアが開いたり閉まったりした1」とか言ってた。

けど、私は毎夜ドアが開いてるのしか見た事なかったし、幾ら言われても「建付け悪いんでない?」とか、「中の物が人に見えただけでしょw」としか思えなかったしそう返してた。

ある日、1人の男友達(以下M)が心霊スポット帰りに「お祓いしに来た」とかほざいてやってきた。

私は別に霊感があるわけじゃないけど、何故か周りから「お前の近くにいたら楽になる」とか「何か取れた気がする」って言われるから、気にせず落ち着くまで部屋で休ませてたのね。

それでMは車が何か変だから見てほしいとか言ってきたから、何か出来るわけじゃないけど、取り敢えず駐車場に停めてあるMの車を見に行こうとした。

するとMが「そういえばさっき物置から女の人が見てた」って言ってきた。

気のせいでしょっwて軽くあしらって車見に行こうと玄関開けた途端に、物置のドアが物凄い勢いで閉まったのを見ちゃったわけよ・・・。
ビックリして玄関閉めて「今の何?」ってMに聞こうとしたら、急に物置の方からドアをバタンバタン開け閉めする音と、部屋のインターホンが鳴り始めた。(勿論誰も居なかったw)

直感で「あー、こりゃ面倒くせぇやつだ」と思ったから、収まるまで部屋で待機する事にした。

私は実家で家族のじゃない足音とか、「おーい」とかオッサンの呼ぶ声とか聞くのに慣れちゃってるから、たいしてビビりもせずタバコ吸いながらボーっとしてたんだけど、Mは顔真っ青にしながら体プルプルさせて、「今までこんな事あったの?」って聞いてきて可哀想だったw

1時間経たないくらいで収まったから、部屋にM残して車見に行ったけど変わった所も何もなく、物置もドア閉まった状態で何も起きなかったから、ビビって帰れないMを泊めてあげた。

次の日、朝Mが帰ってから食材調達に行こうと玄関開けたら、視線感じた。
物置の方見たら、丁度物置の真上にあるその家の窓から女の人がジーっとこっち見てた・・・。

「あー人住んでるんだぁ」と思って会釈したんだけど、ただジーっとこっち見てくるだけで会釈返してくれなくて軽く傷ついた。

その後暫く何も無かったんだけど、またある日今度は母が遊びに来た。

お昼時でご飯作ってたからご馳走して、久々の娘の料理でタイミング良く自分の好物麻婆豆腐が出てきて喜んでた。
そんでご飯食べた後、お茶飲みながら色々話してる時に、母が「あの物置って気味悪いよね。あの家変なの居るし」って急に言い出した。

「いやいや、他所の家の人を悪く言わないでよ」ってつっこんだら、母の顔が少し暗くなって、「いやあれ人じゃないよ。お母さん怖いから、毎回あんたが駐車場まで送り迎えしてくれないと部屋入れない。ウチ(実家)のヤツらとは違う。怖いもん」って呟いた。

夕方になって、「じゃあお母さんご飯作らなきゃだから、帰るから見送って」って言う母を見送る為に一緒に玄関を出てあげたら、母は物置の方をチラって見た後に小走りで駐車場まで逃げてった。

母が車に乗ってエンジン掛けながら「あの女気をつけなよ。部屋に絶対入れちゃだめ」って真顔で言ってきて、正直その母の顔にビビった。

母の車を見送って部屋に戻ろうとしたら、物置のドアがゆっくり開いて中からドアノブ握る白い手が見えたから、「こっち来ても何も無いしそこに居た方がいいよ」って言って部屋に入った。

それからドアが開いたり閉まったりするのを見たり、時々インターホン鳴ったり、その家の窓から女の人が見てきたりしたけど、私の部屋で奇怪現象起きたり実害は無く、2年住んで引っ越した。

未だにあれはなんだったのかわからないけど、今でもあそこに居ると思う。
その家も人の出入りをご近所さんは目にしたことがない上に、明かりが付くことも物音がする事もないらしいので全くの謎。

今はあの部屋で友達の彼氏を撮った写メに映る”その顔”が、日に日にこちらに向こうとしてるのを観察してる。