俺が生まれた日に作られたコケシを親が出産祝でもらったらしいんだが、コケシって元々水子供養のものなんだよな。
まぁ、地元はコケシが名産とか言われてるから普通にもらったんだと。

俺はそのコケシが苦手だったんだ。
なんて言うか、日本人形みたいな佇まいでチョンといつもいるから・・・。
口では怖い嫌だの何だ言って物置に隔離してたんだが、幼少期の記憶にあるコケシはいつも俺と遊んでるんだ。

その中でも一番鮮明に覚えてるのが、母親は弟妊娠のため入院、親父は仕事、で俺は幼稚園から帰ってきて家で留守番してたんだ。
暇だったからアニマックスあたり見てたと思う。

そのうち、2階の部屋のどれかのドアが開く音がした。
当時2歳だから、ビビリはするもののそのまま放置してひとりで遊んでた。

そのうち、今度は「コトッ」って一定時間毎に鳴るようになった。
ドアの音のこともあったし見に行くことにしたんだ。
で、ウチは吹き抜けで2階からリビングが見える仕様だったんだけど、2階の物置部屋前の手すりのところに件のコケシがいた。

日も沈みかけてたからウチから徒歩10分のばーちゃん家に行くわけにもいかず、俺はビビリながら見なかったことにした。
それからも一定の感覚で「コトッ、コトッ」と響いてた。

だんだん、音は大きくなる。
怖くて階段に背を向けるようにしてTVを見てた俺は振り向けずに居た。
その間も「コトッコトッ」と響く音。
意を決して振り向いた。

階段の踊り場にコケシが居た。

ビビって硬直した俺は逃げるとかできないで見つめ合うしか無かった。
玄関にはハクビシンの剥製があったから夜は行きたくないってのもあって、そこから全く動けんかった。

どうしようもなくなった俺が取った行動が「一緒に遊ぶ?」と聞くことだけ。

コケシは何もモーションは取らなかったけど、俺はコケシを持ち上げて、一緒にトランスフォーマーで遊んだ。

・・・っていう、記憶。

後日談語ります。
この後日談は結構ブットンダ話ですのでご注意。

時は進んで十数年。
俺はヒョンなことからその筋の家系の奴と知り合った。
そいつは代々大昔から除霊、鎮魂、心霊現象の調査とかっていう漫画みたいな仕事をしてる奴。
そいつは会うなり初対面の俺に「何で生きてるんですか???」って聞いてきた。

それに対しての俺の返答が「やっぱり、そう思う?」だった。

確かに運は悪い方で昔から何かと不運に苛まれてたからそう答えたのかもしれないけど・・・。

その後に「俺の守護さんどっか行っちゃったんだよね」って続けてて自分でもビックリ。
そいつは目が飛び出るんじゃないかってくらい見開いてた。

それから結構な頻度で遊んでたんだけど、ある日「先輩、霊飼ってます?」って聞かれた。
勿論「は?どうゆうこと?」って返した。

後輩:「先輩って結構霊に目付けられやすいんですよ。何度か質悪いの先輩のこと尾けてましたし」

後輩:「それで先輩のこと勝手に霊視したんすけどね、先輩結構良い霊が近くにいるんですよ」

後輩:「でも、誰かの守護さんって訳でもなさそうだし、浮遊霊にしちゃ、自我がハッキリしてる、地縛霊でもなさそうなんで、その霊が先輩に懐いてるって思ったんすよ」

訳分からんかったよね。
そんな洒落怖みたいなセリフ初めて生で聞いたわ。
そんで、変なのは見えてるって認識はあったけど、家族含め知り合いから不思議ちゃん扱いされてた俺は頭の問題だと思ってたから、その話をした。

後輩:「だって、先輩霊感強いっすもん(笑)」

いよいよ洒落怖みたいだなって思った時にコケシの事を思い出して、コケシの話もした。

後輩:「あー、それかもしんないっす。コケシって水子供養のモノもあるんで、その水子が先輩の事を弟だと思って懐いてるんじゃないすかね?帰ったら写メお願いします」

そう言われたから帰って写メ送ったら「俺の勘違いでしたね、何も居ないっす」と。

舐めてんのか!?

まぁ、それから色々あって変なのに憑かれたりしてたんだけど、コケシが十数年ぶりに落ち着かない感じがした。

小学上がってからは吹っ切れて部屋に置いといたんだけど、そいつに会ってから何か部屋の空気がよそよそしかった。

近くに神社あるし、北窓だし、窓から神社見えるし、川あるしで心霊番組とかでよく言われる霊的条件はそこそこ揃ってたんだわ。
そんで、また、そのコケシを今度はいろんな角度から撮ってみてそいつに見せたら「すんません、勘違いの勘違いでした、居ます、しかも妖精化してます」だと。

精霊とか妖精って幽霊から成る奴も居るんだってさ。
で、俺はその妖精さんに十数年ぶりに話しかけた。

俺:「えーと、遊ぶ?」

知り合いの妹から貰った棚のぬいぐるみが落ちた。
それを拾ってる間にPSP起動。
何か楽しくなってきてた。

後日、その妖精さんをその後輩に見せたら「本当に先輩って何で生きてられんすかwww」って草生やされてた。

そんなほんわか後日談でした。