数年前に子供の頃不思議だった物が繋がった話。

5歳くらいの記憶で、よく畑仕事に兄と付いていっていたんです。
畑から数十メートル離れた場所には、大きな岩が何個も無造作に積み上げた状態で置かれていて、偶然積み上げ方から岩で作ったカマクラ風でした。

入り口は狭く子供がようやく入れるような感じで。
中は意外と広くなっていました。

子供からしたら「秘密基地」みたいな感覚で凄くお気に入りになりました。
いつものように畑に連れて行かれ、兄とその秘密基地へ入り込みました。
しかし、その日は兄がお菓子を持ってくると言って一旦出て行きました。
秘密基地の中には自分ひとり待ちました。

しかし、おかしな事に数十メートルしか離れてない場所からお菓子を持ってくるのに中々来ない・・・。
感覚からして20~30分待っていたような感じがしました。

薄暗い中、入り口の明かりだけがちょっと差し込む空間。
一度、出て兄のところへ行こうと思いました。
這って出るような感じで外へ先ず手を伸ばしました。
空き地は草が覆い茂ってたんですが、感触がちょっとおかしい・・・。
サラっとした砂というか・・・なんというか・・・。
五歳ぐらいでも「おかしいなぁ」って思いました。

這い出ると、神社???
建物の下から這い出た感じになりました。
大きな牛と馬の作り物、石畳、人も多く居て、とにかく怖かった記憶がありました。

怖くて怖くて大泣きした覚えがあります。
周りに人が集まり、自分の知る言葉とは違った言葉で話しかけてきました。

今ではその言葉がはっきり「関西弁」って分かるのですが、幼い関東の田舎で育った自分には「じょうちゃんどしたん?」って聞かれても分からなかったと思います。

五歳ぐらいからしたら数人の大人に囲まれる恐怖。
怖くて必死に元来た建物の下に逃げ込みました。
奥へ奥へ薄暗い中必死に逃げたのを覚えています。

その先はとにかく這って逃げたらいつもの草むらに出ていました。
服はドロドロで母にこっぴどく怒られました。

兄に話をしたら、兄は直ぐに戻って来たら、自分が草むらの中で大泣きしていたと言われました。

しばらくこの秘密基地が怖くて避けていましたが、小学1年の時に学校の帰り道、ふと秘密基地を思い出し行ってみました。

もう自分は小学生でこんなところ怖くない!なんて変な自信がありました。
ついでに、五歳の時の記憶だし・・・あの時はなんか夢でも見たんだろう・・・って。

いざ、秘密基地に入ろうとすると、多少崩れたのか入り口が狭くなってました。
「なんだ・・・入れないのか・・・」って思っていると、中からニュっと小さな手が出てきました。

中に小さな子がいる!!

本当にパニックになりました。

「閉じ込められている!!!」と思い近所の人を呼びに行きました

その日は大変で近所の重機持っている人が駆けつけたり、駐在さんが来たり何か色んな人が集まりました。
結局、石の山をどかしても誰もおらず、私は大目玉くらいました・・・。

穴の入り口付近には10個程の綺麗な物が落ちていました。
で、30年近くたってそのキラキラの正体と場所が判明。

この事件もほとんど忘れかけており、自分は関東から関西へ嫁ぎ娘も出来ました。
そんな中ちょっと離れた神社へ娘を連れて遊びに行きました。

3歳の娘の宝物はクレーンゲームでとったプラスチックで出来たクリスタルのような玩具。
隙あらば、ポケットに忍ばせてジャラジャラ言わしてます。

娘が境内の小さな穴に宝物を何個か入れているのを見て”30年前の事”を思い出しました。
まさか!!?と思って、その小さな穴を確認しましたが、何もない・・・。
深さ20cmくらいだから入れたものが見えるはずなのに・・・。

その後、実家に帰省した時に物置を家捜しすると、出てきた宝物箱に娘の宝物のキラキラが・・・。

そんな不思議な体験です。