深夜2時を回ってた。
県境の某トンネルの入り口に差し掛かった時、電話ボックスに白いブラウス赤いスカートの女性がいた。

そのときは何気なかったが、トンネルに入ってから気になった。

こんな深夜に、車のトラブルかな?
だったら助けないと・・・。

そう思ってトンネルの中でUターンしたんだ。

しかし、電話ボックスに着いたんだけど、そこには誰もいなかった。

でも、さっき白いブラウス赤いスカートの女性は確かにそこにいたはずだ。
見間違いでは無かったはずだ。

そう思うとおかしなことに気がついた。
周囲の道の両側には車は無かったということ。

まいいか・・・と帰宅した。

後日談なんだが、取引先の運送業者の運転手と話をしてると、電話ボックスの話になり、深夜に通過してる運転手が数名見てるということだった。

その姿は、白のブラウスに赤のスカート。
全員が同じことを言っていたのだ。

昔、自衛隊機と民間機の空中衝突があった場所らしい。
搭乗客は全員死亡で、あちこちに遺体が散乱したらしい。

その中の誰かが、家へ連絡したかったのかな?