知り合いの話。

彼の実家は深い山奥にあるのだが、そこでは墓の管理に気を使っていたという。
一つの区画に入れる仏さんは六人まで、それ以上の仏さんは別の区画に移される。
例え同じ家族で死者が出たとしても、七人目は同じ敷地には埋葬されないのだ。

棚田状に細く区切られた墓は、なんとも彼の目に奇妙に映った。
墓の管理をしていた叔父さんに、なぜこういう決まりがあるのかを聞いてみると、次のように小声で教えてくれた。

叔父さん:「仏さんをな、七人以上一緒にすると惑うてミサキになるんだ」

ミサキとは、その地方でいう荒神とか祟り神のことなのだそうだ。
現在、村は近くの町と合併し、古い墓地も開発に伴い移転した。
七人以上は一緒にしないという条件は、既に守られてはいないだろう。

今現在、仏がミサキになっているのかどうか、もう誰にもわからない。