ちょと昔に聞いたお話。

その頃、いろんな事に嫌気がさした爺さんは、会社を休み山に登った。
4時間位登り、少し下界を眺められる様な所で休憩をとった。

おにぎりを頬張りながら美しい展望を眺め、その景色に癒されながら、ふと水筒に手を伸ばした。

無い・・・。

後ろを振り替えると、自分の座っていた所から10m位先にちょこんと立っていた。
首を捻ながら水筒を持ち上げると妙に軽い。
試しに振ってみても液体の音がしない。
がっかりしながらさっきまで座っていた所に戻ると、今度は残りのおにぎりが無い。

余りの事に言葉を失っていると後ろから、クスリ・・・と、子供の笑い声が聞こえた。
振り返ってみると、ちょうど狐の尻尾が林の中に消えていくのが見えた。

もう行こう・・・。

そう思い荷物を片付けようとしたら、おにぎりの容器の中にこの時期には珍しい山菜が沢山入っていた。
余りの量の少し後ろめたい気持ちになったが、麦茶とおにぎりのお礼として受取りその場を後にした。

今でも爺さんは、「おにぎりと麦茶だけで、あの量の山菜を貰うのには気が引けた」と目を細めて語る。