高校時代、天文部で夏合宿をした時の話です。

8月中旬頃、毎年ペルセウス座流星群というのがくるのですが、それの観測が合宿の目的でした。
宿泊施設から少し離れたところにある空地(駐車場?)が観測に最適な暗さだったので、そこで観測することにしました。

周囲には民家もなく宿泊施設も私達しか泊まっていなかったので迷惑にはならないだろうと、私達はかなり大声でしゃべりながら観測をしていました。
女子ばかり15人の集団ですから、かなり騒々しかったことと思います。

夜中の2時近くだったでしょうか、FM観測をしていたラジオからいきなり異様な雑音が聞こえました。
それを合図にしたかのように突然、白い服を着たおじさんが現れたのです。

おじさん:「いったいこんなところでなにをしてるんですか?」

おじさんは顧問の先生に尋ねたそうです。

先生:「すみません、流星の観測をしてるんです。うるさかったですか?」
おじさん:「いえいえ、いいんですよ。こんなところでなにをしてるのか不思議だっただけなので」

というような会話の後、おじさんはゆっくりとした足取りで去って行きました。

おじさんの姿が見えなくなると、ラジオから聞こえていたヘンな雑音は消えました。
「あのおじさん、電波発してるのかな」などとみんなで笑いましたが、観測が終わってから、部員のひとりが空地のすぐ裏手が古い墓地だということに気付いて、部員一同凍りつきました。

あのおじさんが帰っていった方向に墓地はあったんです。

「もしかして幽霊とか・・・?」
「かもね・・・」

しかしみんな徹夜してハイになっていたので、「おじさん、騒がしくしてゴメンネ~」「みんなでM女ダンス(うちの学校に伝わるヘンな集団舞踊)を踊ってお詫びしよう」と全員でダンスを踊って(しかも歌いながら)宿泊施設に帰りました。

「幽霊よりお前達のほうが怪しい」と顧問の先生がポツリと漏らしていました。