子供のころの話です。
うちの家の和室には観音開きの扉があって、それを開くとたたみ半畳ほどのスペースがあり、そこには亡くなった父方の祖父母の写真が飾ってありました。
普通なら仏壇でもあるようなところに、写真あるはず・・・。

ある日、寝ているとこんな夢を見ました。
自分は”その和室”にいました。

ふとその扉を見ると、いつもは閉めてあるのに、その時扉は開いていました。
子供の私はその写真が少し怖かったので、『閉めなきゃ!』と思い、扉に近づきました。
すると2枚の写真は2体のお地蔵さんに代わっていました。

私はぞくっとしました。
怖くて動けないでいると、2体のお地蔵さんの右腕が、同時にすーっと上にあがりました。
なんとも不気味な光景でした。

私はもう恐怖に耐えられなくなって慌ててその扉を閉めようとしました。
すると「閉めるな!」と怒鳴り声がして、その瞬間強烈な金縛りに襲われました。

私はそのころその他にもよく悪い夢を見たり、金縛りに遭ったりしていました。

同居していた母方の祖母は、信心深く、その写真を早く外に出してあげたほうがいいといいました。
なぜなら、その夢は亡くなった祖父母が、狭いところに閉じ込められているのが嫌だということを私を通じて知らせにきたものだからだというのです。
両親はそういうことには関心がなく、はじめ聞き流していましたが、しぶしぶ写真を外に出してくれました。

それからは金縛りに遭うことは少なくなりました。