同級生の話。

彼は高校生の頃、帰宅途中に不気味な物を見たという。
田園に挟まれた狭い路の上で、何か真っ赤な物がゆらゆらと踊っていた。
猿のようにも見えるが、顔がない。
どうやら頭の天辺から足の先まで、赤っぽい毛で覆われているようだ。

近よれずにいると、それは踊りながら田を横切り、じきに見えなくなった。

家に帰って家人に話してみると、お祖父さんの顔が険しくなった。

お祖父さん:「アガザルが出おったか。こりゃ注意せんといけん」

アガザルとは『赤猿』が訛った言葉らしい。
その正体はわからないが、時折山から下りてくる化生の物なのだそうだ。
直接は人に悪さをしないが、そいつが出るとまず火事が起こるのだと。

確かにその数日後、村のある家屋が不審火で焼け落ちたという。

同級生:「俺が見た奴が本当に、火に関係あるのかどうかわからないけどな」

彼はそう言って、話を締めくくった。