自分の話。

社会人になったばかりの頃、営業先から会社へ戻るためにバス停で並んでいると、バイオリンケースを持った4~5歳ぐらいの女の子と母親やってきた。
教室に行くところらしい。

母親:「ママは今日はどうしても一緒に行けないの。お迎えには行くから、ね」

女の子:「ヤダ。ママもいっしょにきて」

母親:「◯◯停留所って言ったら、『運転手さん、降ります』って言えばいいのよ」

女の子:「デキナイヨー」と半ベソ状態。

その様子をボーっと眺めていると、母親と目が合った。

「すみません。◯◯停留所まで行かれますか?そこで降車ブザーを押して、この子を下ろして頂きたいんですけど」と声を掛けてきた。
◯◯はちょうど自分も降りるところだったので、「いいですよ」と返事をした。

母親:「お兄さんが一緒にバスに乗ってくれるんだって。よかったね」

母親が言うと、女の子はケロっと泣き止んで、ニコニコしながら自分の手を掴んできた。
そうしているうちにバスがやって来た。
車中、女の子は人懐っこく、子供らしい他愛もない話を延々としていた。
そして◯◯停留所について、一緒に降りた。

「ここからはひとりで行けるんだよね?」と尋ねると、「うん。だけどーおにいちゃんもいっしょにきて」と言うと、自分の手をぐいぐい引っ張った。

ここで泣かれても困るし、母親の話では徒歩で5分程だと聞いていたので、バイオリン教室まで付き合うことになった。

歩きはじめて3分ほど経った頃、自転車に乗った警官とすれ違った。
警官がチラっとこっちを見た。
目つきは鋭かった。

よくよく考えてみれば、かなり怪しい自分。
平日の昼間にスーツ姿の男が幼女の手を引いている。(実際は引っ張られてたんだけど)

兄妹には見えないし、親子にも見えないだろう。
背後で自転車のブレーキの音。
そして、ポンポンと肩をたたかれ、「ちょっとよろしいですか?」・・・あとは察して欲しい。
疑いは晴れたが、結局それが原因で会社も辞めることとなった。

ちなみに自分はそっちの趣味は全くない。
ここで疑われたら、それはそれで後味悪くてスレ的にはいいかもしれんが。

端折った部分。

交番に連れて行かれて、女の子が泣きじゃくる。
驚いて泣いているのに、お巡りさんはそうは思ってくれない。
自分もテンパってうまく事情が説明できない。

営業中だったんで、社名のデカデカと入ったペーパーバッグ持っていて、その場で会社に連絡された。

会社(誰でも知ってる有名企業)がすぐ近くだったのと、そこの社員だっていうのを信じていなかったのかも。
IDカードを見せれば済んだはずなのに、それすら思いつかなかった。

結局、バイオリン教室の先生経由で母親に連絡がとれて、身の潔白は証明された。
自分は上司に引き渡されて、その日はそのまま帰宅した。

この手の面白い話は広まるのが早い。
『幼女誘拐容疑で捕まった新入社員』として有名になってしまった。
それでからかわれたり、自分でもネタにして笑ってたんだけど、なんとなく居心地が悪かった。

特に女性社員の目は笑ってなかった。
今まで仲よくしていたのに急によそよそしくなったりね。
半年我慢したんだけど、一身上の都合で退社。

母親はきちんとした人で、バス停で頼まれたこともおかしなことだったとは思っていない。
その後お詫びに来てくれたんだけど、物凄く丁寧でこっちが恐縮してしまうほどだった。
女の子もひとりでバスに乗るのは怖かったと思う。
自分は10歳までひとりで乗ったことなかったし。

お巡りさんも、不審者を調べるが仕事。
もし自分が本当に誘拐犯だったらGJだっただろう。

会社の人たちのリアクションも極々当たり前だったと思う。
何とかは蜜の味ってことで。

もちろん自分も悪いことをしたつもりはない。
こういうのを『歯車が狂う』っていうんだろうな。