知り合いの話。

山道を歩いていると、行く手の道上にちょこんとした小さな影一つ。
近よってみると、妙に古臭い服を着た子供だった。
多分、男の子。

こんな山奥に小さな子が一人というのが気になって、声をかけてみた。

返答はない。
子供は相変わらず、無表情なままだ。

どうしたものかと頭を悩ましていると・・・ぞろりと、小さな口から黒い百足のような物が這い出した。

飛びのいた彼を尻目に、小さな手はグッと黒百足を口中に押し込む。

小さく「グェッ!」と悲鳴が聞こえた。

そのまま踵を返して、子供は森の中へ消えて行った。
関節の動く向きがおかしく、奇妙にギクシャクした動きだったという。

・・・何かが子供の皮を被っていたのかも。

なぜかふと、そう考えてしまったそうだ。