学校の寮に入寮して約2~3ヶ月ほど経った連休のこと。
俺は303A号室なんですが、その連休中、周りの人がほとんど帰省しており、向かい、両隣、斜め向かいの部屋の住人がいない状況でした。
まあ気にせず勉強やったりネットやったりしてたんですが、急に部屋の電気がふっと消えました。

「あれ?」

廊下側にある電気のスイッチを押し、再び電気をつけました。
すると3分ほど経ってまたふっと電気が消えました。

「誰かがいたずらしてるのか?」

そう思い、次に電気が消えたらすぐにドアを開けれるようにドアの近くで息を潜めることに。

するとまた3分後くらいに電気がふっと消えました・・・。
そして、消えた瞬間ドアを勢いよく開けたのですが、誰もいません。

電気が消えてからドアを開けるまでせいぜい1~2秒ほど。
どう考えても隠れることができる場所はありませんし、いたずらならやった人間が見えるはずです。

「おかしいな、蛍光灯がおかしくなったのかな、見てもらわなければ・・・」と思いつつ、部屋の方を見ると、ガラス戸の向こうのベランダを真っ白いワンピースのようなものを着た、もじゃもじゃ頭の人間のようなものが横切りました。

エ?!

びっくりしてベランダのへ出てそれが向かった方を見ると、貞子のように髪を前に下ろしてうつむいている状態で中に浮いているものが見えたのです。

そしてそれがそのままの格好で、しかしゆらゆらと不気味に揺れながらこっちへ近づいてきます。
ビビってすぐに部屋の中に駆け込み、ガラス戸を閉め鍵も閉め、カーテンも引いて、布団に潜り込みお守りを握り締めながら震えていました。

すると、ペタペタという音が聞こえ、次第にはその音はバンバンバンバンという音に変わっていきました。
マジでガクガクして震えてました。

すると、微かにカチャッ・・・という音がして、ガララララ・・・とガラス戸の開く音が・・・。

マジかよ頼むからやめてくれよ・・・と思いつつ、心の中で般若心経(知ってるとこだけ)をひたすら唱えてました。

”それ”は何かボソボソ言っていましたが、やがてその声は次第に小さくなり、消えました。

俺はびびったのと、消えたんだ!っていう安心感からいつの間にか寝てしまって、目が覚めると次の日の10時頃でした。

起きて、そっとガラス戸の方を見ると、開いておらず(空いていたら我是の具合とかでなんとなくわかります。)、ガラス戸の締まる音を聞いていなかった俺は、「ああ、夢だったんだな・・・」と思っていました。

でも、いざカーテンを開けた時、俺が絶句しました。
いたずらとかそんなレベルじゃなく、ガラス戸全体にびっしりと手形が付いていたのです。
気持ちわるいのでさっさと拭こうと思い、鍵を外そうとすると、手に何か濡れたような感触が・・・。

見てみると、少し泥というか土が混ざった血でした。

嘘だとか創作だとか思われるかもしれませんが、2年前に実際に起こったことです。