もう亡くなったけど、母方の父のじいさんの話。

三重県のかなり山奥に住んでた。
隣が100M先とかそんな世界。

ある日、じいさんが風呂に入ってたら、戸をドンドン叩かれ「○○やんよ~、○○やんよ~」と、じいを呼ぶ声。
しかし出てみたら誰もいない・・・。

その後、家に電話が掛かってきて、声の主の家族から病院で亡くなったとこだと。
無二の友人だった。

一度、プロパンが爆発して部屋と屋根が垂直に吹っ飛んだが、なぜか先逝したばあさんの位牌だけが残った屋根の上に正座してた、じいは無傷・・・。

じいが亡くなったあと、家の前の田んぼには、白蛇が死んでいた。
守り神だそうだ。

そいえば、特に蛇は絶対殺生してはいかんと可愛いがわられてた。

その他、いろんな非現実的なことがいろいろ聞かされた。

当然、うちの母もそこで暮らしてたわけで「ふーん、あったねー」てな感じでした。
ちなみにじいは「満州進軍で中国人を2,30人は殺って勲章もらった」が口癖でした、このほうが怖いけど・・・。