知り合いの話。

賃貸のアパートに家族3人で暮らしてたんだが、3,4歳の一人娘が言うには、部屋には「ほーちゃん」なる者がいる。
一人遊びしてるはずなのに、会話したり、バイバイしたりしてる。

イマジナリーフレンドか?と思ってたようなんだが、ある日のこと。
またしても、娘が『ほーちゃん』と遊んでいるようだったので、母親は「ほーちゃんと遊んでるの?」と聞いた。
娘はやはり「ほーちゃんと遊んでる」と答えた。
ここで母親は、ほーちゃんの詳細を聞いてみることにしたらしい。

どうやら、娘よりも少し大きい男の子らしいということがわかったのだが、それ以上に母親を凍り付かせたのが、『ほーちゃんには首がない』ということだった。

それを聞いてからは、できるだけ娘と一緒に過ごし、なるべくほーちゃんと娘が遊ぶ機会がないようにしていた。

そんなある日、父親が大阪に出張となった。

夫がいないため家事をいつもより多くすることになり、どうしても娘が一人になってしまう時間があった。
心配ではあったが、どうも娘は『ほーちゃん』と遊んではいないようだった。
安心はしたものの、気にはなったので娘に聞いてみた。

母:「今日はほーちゃんと遊ばないの?」

すると娘は、「ほーちゃんはいないよ。なんかおおさかっていうところに行くって言ってたよ」と・・・。
無論、小さな娘が大阪という単語を知るはずはなく、母親はおぼろげながら、『ほーちゃん』は夫に憑いた何かではないかと感じたという。

その後、家族は引っ越し、アパートは取り壊されたが、特に何らかの障りがあったとは聞いていない。