私が小学校の時の体験です。

私の家の近所に、老夫婦の住む家がありました。
その夫婦は子供がなかったらしいんですが、品よく仲睦まじいのが有名で、よくその奥さんが家の前を掃き掃除しているのを見かけたものでした。

私が学校から帰ってくるとき、よく奥さんとは鉢合わせすることがあり、その度に奥さんは小さい私をかわいがってくれ、たまに飴玉などお菓子をくれることもありました。

それが、私が小3だったある日、学校から帰ってくると、老夫婦の家の前に人だかりがしており、集まっている近所の人に何事かと尋ねると、あの奥さんが表で倒れてしまい、救急車で運ばれる最中とのこと。
やがてぐったりした奥さんが救急隊員に運ばれて行くのが見え、奥さんは救急車に搬送、私は去ってゆく救急車を近所の人たちと不安な気持ちで眺めていました。

その一週間後。
私があの奥さんはどうしたのか・・・と案じながら家路を急いでいると、老夫婦の家の前で、奥さんが掃き掃除をしているのに出くわしました。

私:「あれ、もう具合はいいの?」
奥さん:「ええ、もうぐっとよくなったの。近所の皆さんに心配かけてすみません、て御ばあ様とお母様に言っておいてね」(私の家の祖母と、この奥さんとは手芸教室の友人だった)みたいな会話を交わし、私はすっかり奥さんが治ったものと思い安堵しました。
以後3年間くらい、いままで通り学校の帰りに奥さんと会うことが続きました。

それが、私が小5の夏休みに入ってから、何故か一度も奥さんを表で見かけることがなくなってしまいました。
始めは気にもしていませんでしたが、ある日ふと気になって、台所で夕食の支度をしていた母に、あの奥さんは最近どうしてるか訊いてみました。

母:「何言ってるの。あの奥さん結構前に亡くなったじゃないの。」
私:「えっ?」

びっくりして話を訊いて分かったのですが、どうやら奥さんが衆人環視の中救急車で搬送された小3のあの日、搬送先の病院で急死していたようなのです。
葬式は奥さんの実家のある田舎で行われたようで、私には彼女の死を知る機会も無かったらしいのです・・・。

じゃあ、その後二年間、私が表で会い、挨拶し続けた、そしてお菓子までもらっていたあの奥さんは一体・・・?

ちなみに、奥さん亡き後家に一人残されたご主人は、その後私が中一のときに、親戚に屋内で孤独死しているのを発見されました。
なんでも死亡した日を割り出したらそれが奥さんの命日だったとか・・・。

こういうことってあるもんなんですね。