25年前。
小学校4年生の時の話です。

家から少し離れた駅ビルで友達とマンガの立ち読みをしにいきました。

そうしたら痴漢に遭遇。
相手は大人に見えました。

そこの本屋さんは立ち読みできるけど痴漢も多いところだって聞いていて、最初は普通に逃げてたんですが、離れたところに行っても追いかけてきた。

友達と一緒にいても遠くからチラチラ見ていて、怖かったけどどうしようもなくて、とにかく皆で自転車で帰りました。

家に帰ってちょっと安心して、痴漢にあった事とかは不愉快ですが、もう家に帰ったし、安全だと思って夕方の再放送のアニメとか見ていました。

『ピンポーン』ってドアのチャイムが鳴ったので「どなたですかー」って言って鍵あけて、覗き穴から覗こうとしたらドアが「バーーン」叩かれていきなり開けてきた。

「はやくあけてよー」

ドアの外で大声出してる。
ドアはチェーンが掛かってるので開かないんだけど、その隙間から腕伸ばして「あけろよー」って言うの。
その「あけろーっ」って言ってるのはさっきの痴漢なんです。

子供だから馬鹿で、なんか怒られた気がしてドアを開けようとして、またドアノブに近づいてしまったら、腕がにゅるっと入ってきて私の体を触ったんです。

生まれて初めてですよそんなの。
怖いときって本当に声が出せないです。

とにかくドアを閉めました。
でも、当然腕というか手が挟まって閉まりません。
ドアは内側から押すタイプ。
外開きなので子供の力では締め切れません。

私が出せた言葉は「おにいちゃん」だけでした。
そのとき家には小学校6年の兄がいました。

兄が私に替わってドアを閉めようとしてくれて、警察を呼んで窓から叫べといわれました。

私が居間に行こうとしたらドアのチェーンが外れました。
もしかしたら外れてなかったかも。
とにかく兄が二の腕とお腹のあたりを掴まれていました。

下の弟(小2)がきてフリーズしてました。
私はそのとき初めて理性的になり、弟に110番するように言い、弟を見た瞬間、本当に一瞬で冷静になりました。

そして、兄カサ立てにいつも入っている1mくらいの鉄製の釘ぬきを手にしました。
たぶん、それで何度か男を突きました。
弟はなぜか110ではなく119に電話してました。

玄関につぶれた爪と指の先が落ちていました。
怒られるのが怖くて、警察が来る前に私が隣の家の庭に投げ捨てました。

特に追求されなかったのも怖いです。

痴漢はちょっと離れたところに住んでいる高校生で、小学校のころから性犯罪起こしてたらしいですが、未成年なので放置されていました。

これでおしまいです。

事件のあった実家がなくなった記念書き込み。