この前のG.W.に、姉のダンナ(42歳)がこんな話をしてくれました。

俺、高校入って、山岳部に入ったのね。
入部してすぐ、張り切って高い登山靴を買ったんだよ、セミオーダーのちゃんとした奴。
たしか、5万ぐらい出したんじゃなかったっけな。
もう二十五年も昔の話。
だが俺の思惑とはかけ離れて、顧問がけっこう厳しく、毎日々々筋トレやらされるし、上下関係が異常に厳しい、封建的な「運動部」だったのに嫌気がさし、夏休み前に退部。
面目無い。

そのときはもう二度と山登りなんてしないと思ったし、まあ、小金持のおぼっちゃまだったしなw
良く言えば物惜しみしないたちだったので、新品同様の靴は同級生の、おとなしい真面目な奴に進呈することにした。

幸いサイズはぴったりだった。
そいつは凄く喜んでくれて、一生忘れないと言った。

奴は恐縮して、高価なものなので貰うんじゃなく借りるって形にしたいって言ってた気もする。
その辺はよく憶えていない。

ただ、俺自身が、「俺にとってはもう必要の無い靴だからさ。おまえが履いてくれれば靴も喜ぶよ」なんて言ったことは良く憶えてる。
自分に酔ってたんだなw

彼はその後、大学に進学してからも、就職してからもずっと山を続けていた。
律儀な奴で毎年年賀状をくれて、『今夏は穂高に行った、この冬は北岳に・・・』とマメに知らせてくれたが、いつ頃からか、それがこなくなった。

こっちは返事も出しゃしないし、俺も結婚して転居したし、さして気にも留めなかった。
だが、やがて人づてに、彼が死んだと聞いた。
癌だったそうだ。
38歳の時。

深い付き合いは無かったし、いわば要らない靴を引き取ってもらった事がある、程度の仲だったしな。
若いのに癌なんて気の毒だな、程度の感慨しか浮かばなかった。
賀状がこなくなってたのも、実は亡くなったって話を聞いて初めて気がついたぐらいだし。
で、彼の事はそれきり忘れてた。

ところが去年の暮れ、物置を建て替えるからと言われてさ。
めんどくさいけど実家の荷物の整理をしに帰った。

そしたら、あるんだよ。
例の登山靴が・・・。
もう、履き込まれて黒光りしてるのが、俺んちの物置の棚に。

ぎょっとして、慌てておふくろに訊いたら、「ああ、それ。幽霊みたいにやつれたひとが返しに来たよ。ずっと借りててすみませんて」って言うんだよ。

俺はマジでゾッとした。

俺:「・・・それ、いつの話?」
おふくろ:「えーっと。たしか去年かなぁ」

バカヤロォ、それじゃあ本物の幽霊じゃねえか!って大騒ぎになった。
いや、たぶん、おふくろの勘違いで、亡くなる前にわざわざ来てくれたんだろうけどね。

でも・・・ホントに、亡くなってから返しに来てくれたのかも知れない。

それは判らないよ。
だって今となっては確かめようがないからね・・・。

でも、生身だろうが幽霊だろうが、どのみちクソ真面目っていうか、トンチンカンな奴だよな。

あんな使い込んだ登山靴、今更返されてもどうすりゃいいんじゃ!って感じだよw
でも、奴は奴で、ずっと「借りている」つもりで恩義を感じて、気にしてたんだろうね。

思うんだが、そんな律儀でクソ真面目な奴には、今の世間ってのはちょっと辛いんじゃないかな。
俺みたいに、適当にチャランポランじゃないと世の中上手く渉っていけないよなw

ある意味、早く神様に召されて幸せだったかも知れない・・・。
まあ、勝手な言い草だよな。

え?その靴?

あるよ、まだ実家に。
おまえ山歩きするんだったら、やるよ。

使えよ。

・・・ははは、うそうそ。
お寺に納めて、供養してもらった。

またあの世で奴が履いてるだろ。