呪いのビデオってほんとに存在するのでしょうか?
先日ちょっと困ったことが起きました。

友達が見たらしいんです。
なんか郵便受けに入ってたとかで、そのビデオを別の友人と2人で見たそうなんですが。(僕も誘われたのですが怖かったので断りました)

内容は児童ポルノでそれが延々と30分ぐらい続いたそうです。
すると急に画面が暗転して白い字で、「これは呪いのビデオです。これを見たものは災いがあります。」とかいうよく聞く触れ込みで始まったそうです。

で、その内容は不幸の手紙のようなものだったらしいのですが、リングのようにビデオをダビングするのではなく、1月以内にどこかに行けという物だったそうです
そのどこかの土地も少なくとも地元ではないようだし、友達もそのビデオは誰かのイタズラだと思っていたみたいで、その時は酒のツマミのような気持ちで話してくれただけだと思います。

しかし、先日その友人の彼女が失踪しました。
ただ一言「疲れた」とだけ書き残して・・・。

僕はその彼女のことはよく知らないのですが、友人は心当たりに全部連絡し、その子の実家に出向いたらしいのですが、帰ってきてないと言われたそうです。

まだ先日のことなので警察にも連絡してないですし、本当にいなくなっただけかもしれないので何とも言えないのですが、友達はそのビデオのせいだ、と思っています。

”疲れた”というのは疲れたではなく、憑かれたではないか・・・と。

そのビデオはふざけ半分で近くのマンションの郵便受けにほおり込んできたらしいのですが、案の定もう無くなってました。

すみません。
文章を書くことに慣れてないのでよくわからない書き込みになってしまいました。

しかし、本当に存在しているのか、似たような経験をしたことがある方もいるのか気になるのでよろしくお願いします。